読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天涯の楽土 (角川文庫)

天涯の楽土 (角川文庫)

天涯の楽土 (角川文庫)

作家
篠原悠希
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-02-21
ISBN
9784041091210
amazonで購入する Kindle版を購入する

天涯の楽土 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

弥生時代後期。久慈島と呼ばれる九州北部の里で平和に暮らしていた少年隼人。津櫛邦の急襲により里を燃やされて家族と引き離され奴隷にされた彼が、敵方の剣奴の少年・鷹士に命を救われる和風古代ファンタジー。過酷な奴隷生活にたびたび反発し、周囲から痛めつけられる隼人を救ってくれる鷹士。次第に距離を縮めてゆく彼らが久慈の十二神宝を巡る諸邦の争いに巻き込まる中、隼人は生い立ちの秘密を知り仲間たちと島の平和を取り戻すため、失われた神宝の探索に向かう展開はなかなか壮大で良かったです。続きが出るようならまた読んでみたいですね。

2020/02/23

ぐっち

作者さんのデビュー作。古代九州を舞台にした少年たちの物語。「空色勾玉」とか好きなのかな?と思わせる雰囲気。拾われる前の記憶がない隼人に、渡来人を母に持つ鷹人のボーイミーツボーイな物語。うちの田舎にも訪れてくれてうれしい。今月末に続編が出るらしいので楽しみです。

2020/07/18

古代の九州を舞台にした物語。登場人物の背景とか、文化的なものは弥生時代〜大和朝廷誕生あたりと思われる。土地神に対する信仰により恩恵を賜る、今でいうファンタジーの要素があるけれど、実はその当時は実際にあったりして…なんてことも思えたり。どれだけ心底から信じられるかで呪術のようなものが使えるか左右されたりするかもしれないよね〜なんて。

2021/04/25

花宴

弥生時代が舞台。少々無鉄砲な主人公隼人。序章の様子からすると、もっと早いうちから能力を発揮して活躍するかと思っていたので、ちょっとじれじれしてしまいました。神宝探しも後半だったし。最後は鷹士と共に奇跡を起こしてくれました。二人がもうちょい成長してからの話が読みたい気がするなーと思ったら、続編があったー。鷹士の存在感や正体が印象的でした。

2021/04/13

ミス レイン

古代九州を舞台にした少年たちのロードムービー的内容でした。終始、少年たちを通した物語展開なので、彼らを包み込む不穏な世の変化や動きが少し曖昧に感じました。周りの、長脛日子や日留座ら、大人たちの思惑や動きの場面もあれば、もう少し緩急ついたかな。そして薬女にも読み始めの頃は期待したのですが、いただけな感じで終わってしまったのが残念です。一番の難所は漢字の訓読み。それでも全体の壮大さ骨太さに引っ張られて読了できました。隼人が阿古の家族に会えるのは次巻でしょうか。家族の女性陣の行方はいずこ…。

2020/04/05

感想・レビューをもっと見る