読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モンスターと食卓を 2 (角川文庫)

モンスターと食卓を 2 (角川文庫)

モンスターと食卓を 2 (角川文庫)

作家
椹野道流
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-23
ISBN
9784041091937
amazonで購入する Kindle版を購入する

モンスターと食卓を 2 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真理そら

法医学教室での有の仕事描写が丁寧なのでついじっくり読んでしまう。次からは科捜研についての丁寧な描写も加わるのだろうか、楽しみだ。四色型色覚は男性では8%程度の出現率らしい。シリカは聴覚も視覚も並外れているのに色彩感覚も人間離れしているなんて生きにくいだろうなあ。有の子供時代やシリカの過去などが少しずつ明らかになってきているけれど、日長刑事もなんとなく訳アリっぽい。ラムネの謎や日長の過去なども知りたいので次巻ができるだけ早く出るのを願っている

2020/10/25

はつばあば

この月初めに読了したばかりの一巻を朝から再読しこの巻へと。ほんとボケ頭に益々磨きがかかってきました。それでも再読して良かったです。かの小憎らしい日長と有とがお互いを相容れたこと、シリカの過去がほんの少し覗けたこと、法医学教室の仲間が仲間らしくなった事とほんの少しづつの進歩があった。尚且つ(京都の科捜研の女)が登場し有の同級生とか。ほんとに京都に科捜研があればいいのにね。?全国にありました!。TVと同じ位活躍してるかは知りませんが(^^;。椹野さんの作品は続きが長い。私が読める間に完結してもらいたいです

2020/10/24

ぽろん

シリカって猫みたいだなあなんて呑気に思ってたら、とんでもない過去を抱えていたようだ。そして、杉石が預かったものは、やはり物騒な様子。えらい目にあわなければ良いのだけど。

2020/11/11

さくさくと♪有さんが預かったモノは、なんなんだぁ?先が気になります。シリカの過去も気になります。

2020/11/21

たんぽぽ

家に籠もって、ひとりごはんの日々が続いているせいか、誰かと食をを共にするっていいことっだなぁ…としみじみと思う。 シリカの過去や特殊な能力が次第に明かされてゆき、前作から持ち越している怪しい事件がきな臭くなってくる。 次作が待ち遠しい。 トーコスペシャルプレート(丼か?)、年齢を忘れて私も食べたい。

2020/12/18

感想・レビューをもっと見る