読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人生のことはすべて山に学んだ (角川文庫)

人生のことはすべて山に学んだ (角川文庫)

人生のことはすべて山に学んだ (角川文庫)

作家
沢野ひとし
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-07-16
ISBN
9784041092064
amazonで購入する Kindle版を購入する

人生のことはすべて山に学んだ (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥))

ワニ目の沢野画伯が選ぶ「沢野版日本五十名山」。子供の頃兄さんと共に登った山から、青春時代に登った山、息子さんと登った山、人生それぞれの山がある。穂高岳や槍ヶ岳など超メジャーな山もあるし、巻機山、七三二高地など初めて聞くマイナーな山もあるが、どこも一度は行ってみたくなります。深田版百名山には選ばれていない地元の御在所岳が選ばれているのも嬉しかった。「頂上には言葉はいらない。ただ黙ったまま、見つめているのが正解である」ほんと、そう思いますね。★★★★

2020/08/22

Book & Travel

コロナと長雨で思うように出掛けられなかったこの夏休みに、少しずつ読んでいたイラストレーター沢野氏の登山エッセイ。少年時代の思い出の登山から、大人になった息子との最近の登山まで、50の山を紹介しつつ、登った時のエピソードや山への思いが語られる。著者のことは椎名さんの本で知っていたが、これ程本格的に登山をされているとは知らなかった。山の男らしい寡黙さを感じさせる硬派な文体に、可笑しみと切なさを交えた書きぶりは味があって、著者の人柄が窺えるようだ。自分は低山の散策を楽しむ程度だが、山への憧れが募る一冊だった。

2021/08/23

Nao Funasoko

今からもう40年前となる高校生時代(遠い目)、書店の棚に『本の雑誌』の新刊が並ぶのを毎日飽きもせず待ち続けていた。(『本の雑誌』は当時も現在同様に月刊誌ではあったが年に3,4回発刊されるかされないかという感じの緩い雑誌だった。笑)。故に著者の文章には若い頃から触れているのだが纏まった著作として読むのは今回がはじめてかもしれない。私自身は里山で遊ぶ程度なので実際に行ったことのある山はほとんどなかったがいつか行ってみたいなという気持ちになる山々ばかりだった。

2020/08/04

時代

ワニ目の沢野ひとしによる山の紹介50の本。沢野さんは椎名さんとのテントバカビール宴会のイメージしかなかったので、とっても新鮮で感動してしまった。取り上げている山は関東近郊が多く馴染みのない山が多かったが、アルプスの峰々は登った事のある山もあり共感できる件も多々あった。今夏予定していた槍ヶ岳は、コロナの影響で断念したが、必ず登頂しようと心に決めた。山とは冷静な決断が必要ですよね、沢野さん◎

2020/08/15

やっちゃん

深田百名山をポップにしたような本。長いこと多く山に登り続けているからこその内容で山好きなら尚更楽しめる。一気に読むよりは少しずつ繰り返し読みたくなる一冊。穴場も紹介されており嬉しい情報だった。

2021/02/09

感想・レビューをもっと見る