読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小公女 (角川文庫)

小公女 (角川文庫)

小公女 (角川文庫)

作家
バーネット
羽田詩津子
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-15
ISBN
9784041092385
amazonで購入する Kindle版を購入する

小公女 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

恵まれた御令嬢の生活は、父の死から一変。教養の欠けた大人からのいじめ、かつての学友からの仕打ち、山のようなきつい仕事……それでもセーラは理想の公女であろうと胸を張ります。バーネットの世界的名作。「よ〜わ虫は庭に咲く〜〜ひ〜まわりに笑われる〜〜♫」

2021/06/28

mocha

おや、クリムト、と書店に平積みされていた「メーダ・プリマヴェージの肖像」の表紙に惹かれて手に取った「小公女」。バーネットを読んだこともアニメを見たこともなかったが、なるほど、児童文学の名作に間違いない。誇り高く生きよ、勤勉であれ、慈しみの心を忘れるな、諦めるな、努力は報われる、とセーラは教えてくれる。同じ年頃のイギリスのお嬢様の波乱万丈の物語に小学校高学年の女子が夢中になるのは当然で、でも結局お金がないとね、というリアリストになるのは大人になってからで良い。想像することの楽しさ、その力を堪能して欲しい。

2021/07/17

感想・レビューをもっと見る