読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オー・ヘンリー傑作集 1 賢者の贈り物 (角川文庫)

オー・ヘンリー傑作集 1 賢者の贈り物 (角川文庫)

オー・ヘンリー傑作集 1 賢者の贈り物 (角川文庫)

作家
オー・ヘンリー
越前敏弥
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-11-21
ISBN
9784041092392
amazonで購入する Kindle版を購入する

オー・ヘンリー傑作集 1 賢者の贈り物 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

オー・ヘンリーの作品集が新訳で出ていたのを知り、読んでみた。どの話も短くてオチにどんでん返しがあるので、ショートショート的に読める。都市小説として情感と哀愁があり、各編じんわり沁み入る感覚があった。収録の16話のうち読んだことがあるものは4作あり、あらためて読んでも面白い。特に「自動車を待たせて」は好きな話なのでまた読めて良かった。ゴッホの絵をあしらったカバーが素敵。こういう雰囲気のある「夜のカフェテラス」で、一編一編読んでいけたら贅沢な気がする。第二集がもうすぐ刊行されるようなので、楽しみにしておこう。

2021/02/12

鱒子

ずいぶん前に読んだOヘンリー短編集はどの出版社だったかよく覚えていませんが、ウィットに富んだ素敵なお話しばかりだったような記憶が。しかし、本書はシニカルな話ばかりです(個人的にはこっちの方が好み)。しかぁし、この本全ての短編の冒頭にはあらすじが付いているのです。オチの直前まで書いてあるのです。——それいる?短編だよ?という気持ちがムクムクとわいてしまいます。

2021/01/18

坂城 弥生

表題作の賢者の贈り物は内容が有名なので、知っていたけど、作者は知らなかった。勝手に聖書の中の話だと思っていた。

2020/12/07

シフォン

オー・ヘンリーは、賢者の贈り物、最後のひと葉は以外は初読み。この傑作は、表紙のゴッホの夜のカフェテラスが似合うニューヨークを舞台の16作。時代や国が異なるため、理解できない部分も多いが話のひっくり返し方がすごすぎる。賢者の贈り物は、とても美談な話だと思っていたのだが、これらの短編と並べると落ちだったのかと疑ってしまう。

2020/12/30

ドナルド@灯れ松明の火

考えたら、O.ヘンリーの作品は単発でしか読んでいなかった。今回傑作集とのことで手に取ったが、なかなか興味深かった。書かれた時代が1900年代初めなので、ピンとこない面もあったが、かなりシニカルで切なくてでも未来はあるぞ的な話が多くて少し意外だった。 お薦め

2021/02/23

感想・レビューをもっと見る