読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

この本を盗む者は

この本を盗む者は

この本を盗む者は

作家
深緑野分
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-08
ISBN
9784041092699
amazonで購入する Kindle版を購入する

「この本を盗む者は」のおすすめレビュー

本にかけられた魔術…本の世界に飲み込まれていく街を救う少女たちの冒険! 森見登美彦も推薦!

『この本を盗む者は』(深緑野分/KADOKAWA)

 本好きなら誰でも一度は「物語の世界の中に実際に入り込んでみたい」という願望を抱いたことがあるだろう。そんな夢を叶えるような本がある。その本とは、『この本を盗む者は』(深緑野分/KADOKAWA)。本の世界を冒険する少女たちのファンタジー小説だ。

 主人公は、女子高生の御倉深冬。深冬の曽祖父で書物蒐集家の御倉嘉市が設立した「御倉館」は、彼女の住む街・読長町の名所だ。この街が「本の街」と呼ばれ、あらゆる本屋が立ち並ぶようになったのも、この「御倉館」のため。本好きならば、羨ましく思える家系だが、当の深冬は本が大嫌いで、何年も本を読んでいない。

 そんなある日、「御倉館」から蔵書が盗まれ、深冬は残されたメッセージを目にする。“この本を盗む者は、魔術的現実主義の旗に追われる”。すると、たちまち、読長町は本の物語の世界に侵食されてしまった。突然目の前に現れた謎の少女・真白は言う。

「御倉家の本——現在二十三万九千百二十二冊、そのすべてに“ブックカース(本の呪い)”がかかっているの」

 どうやら、本が盗まれたことで、…

2020/11/7

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「この本を盗む者は」の関連記事

《2021年本屋大賞》あなたが予想する大賞は!? ノミネート作品を総ざらい!

 全国の書店員が「いちばん!売りたい本」を選ぶ「2021年本屋大賞」のノミネート作10タイトルが決定した。毎年大きな話題を呼ぶ同賞だが、一体今年はどの作品が大賞に選ばれるのだろうか。気になるノミネート作10作品の内容を総ざらいしよう。

犬のコーシローが12年間見つめた地方の進学校に通う18歳の青春――『犬がいた季節』伊吹有喜 『犬がいた季節』(伊吹有喜/双葉社)

『犬がいた季節』は三重県の進学校を舞台に、18歳・高校3年生の生徒たちの物語を描く連作短編集。作中で流れる12年間は、生徒たちによって学校で飼われていた白いふかふかの毛の犬・コーシローが生きた時間。地方の進学校も、コーシローも、著者・伊吹有喜さんの母校と、そこに実在した犬がモデルなのだそうだ。伊吹さんはこの物語にどんな思いを込めたのだろうか。

 昭和、平成、令和…。時代を経て移り変わるそれぞれの物語は、その時代の音楽、流行、時事ニュースなどを背景に語られていく。地方都市ならではのリアリティも、随所に盛り込まれる。

「18歳で選択をした後にも人生にチャンスはあるし、そのときにはもっと選択肢が広が…

2021/2/16

全文を読む

気になる大賞はどの作品に!?「2021年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

2021年1月21日(木)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2021年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。大賞の発表は、4月14日(水)。

 今年の「2021年本屋大賞」は全国の438書店、書店員546人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは以下の10作品だ。

 

■2021年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『犬がいた季節』(伊吹有喜/双葉社)

『お探し物は図書室まで』(青山美智子/ポプラ社)

『推し、燃ゆ』(宇佐見りん/河出書房新社)

『オルタネート』(加藤シゲアキ/新潮社)

『逆ソクラテス』(伊坂幸太郎/集英社)

『この本を盗む者は』(深緑野分/KADOKAWA)

『52ヘルツのクジラたち』(町田そのこ/中央公論新社)

『自転しながら公転する』(山本文緒/新潮社)

『八月の銀の雪』(伊与原新/新潮社)

『滅びの前のシャングリラ』(凪良ゆう/中央公論新社)

 

 気になる大賞発表は4月14日(水)。ノミネート作を読みながら、自分なりの大賞予想をしてみては?

■本屋大賞公式サイト

本屋大賞公式サイト ▶https://ww…

2021/1/21

全文を読む

関連記事をもっと見る

この本を盗む者は / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

深緑 野分、新作中心に読んでいる作家です。2021年本屋大賞ノミネート作品ということで、読みました(8/10)普通のミステリかと思いきや、ブックカース・ファンタジー・ミステリでした。著者は楽しんで書いている気がしますが、一読者としては、あまり楽しめませんでした。本屋大賞の順位は、8~10位ではないでしょうか? https://kadobun.jp/special/konohon/

2021/01/28

ウッディ

曽祖父が蒐集した膨大な本を集めた「御蔵館」、蔵書を盗まれることを怖れた祖母の仕掛けによって、本嫌いの女子高生・深冬が不思議な出来事に巻き込まれていくファンタジー。本屋大賞候補ということで、楽しみにしていたのに、久々に読みにくい一冊でした。奇想天外な展開は、本の中にある果てしない空想世界を表現したかったのかもしれないが、途中で何を読まされているのかわからず、読者自身が迷子になってしまうような内容でした。どうせ夢オチなんでしょうと思わせてしまったのが、この世界にのめり込めなかった原因のような気がします。

2021/03/23

けいご

気まぐれで流行りの本も読んでみようと思って手に取ってみました★2021年本屋大賞ノミネート作品って事もあって期待してしまった自分もいけなかったんだけど...ごめんなさい!自分にとっては全然面白くなかったです...。この本のを例えるなら「綺麗っぽい言葉並び立てた無茶苦茶長い詠唱魔法なのにの出てきた魔法はパルプンテだった...」的な感じ。登場人物の心情描写がチグハグで全然入り込めなかった...。久しぶりにめちゃくちゃ苦手な一冊に出くわしてしまったな〜。

2021/01/27

のぶ

本をテーマにしたファンタジーだった。このジャンルは、過去にカルロス・ルイス・サフォンの「風の影」があったが、もちろん内容も全く違い、本作の出来はそれには及ばないものの、本書の作品世界も不思議なものを含んでいて、楽しいものだった。書物の蒐集家を曾祖父に持ち、父は巨大な書庫「御倉館」の管理人を務めるが、その娘、高校生の主人公、深冬だが、本人は本が好きではない。そんな深冬が御倉館から蔵書が盗まれる事件を機に様々な世界巻き込まれていく。ストーリーとして分かり難い部分もあったが、本好きの世界に浸れる特異な一冊。

2020/11/18

たか

読長町にある御倉館は書物の蒐集家である嘉市の蔵書が収められている。嘉市を曾祖父にもつ深冬は御倉館にあまり立ち寄らない本嫌いだった。御倉館の本が盗まれると「ブックカース(本の呪い)」が発動し読長町が本の世界に変貌してしまう。深冬は本を盗んだ犯人を見つけ、元の世界に戻れるのか? 読み始め前半ではブックカースの世界が突飛で馴染めなかったが、後半では読み慣れて最後の伏線回収は楽しく読めた。 全体的にはファンタジー、深冬が少し怒りっぽいのが鼻につく。 街中が本の世界に迷い込む冒険ファンタジー。 ★★★✩✩ 3.0

2021/01/16

感想・レビューをもっと見る