読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

語らいサンドイッチ

語らいサンドイッチ

語らいサンドイッチ

作家
谷瑞恵
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-06-01
ISBN
9784041093115
amazonで購入する Kindle版を購入する

語らいサンドイッチ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

前作の「めぐり逢いサンドイッチ」も良かったが、続編の本作も楽しかった。舞台は前作同様のサンドイッチ店「ピクニック・バスケット」。5つの話が収められているが、メンバーも同じでそこで織りなす人間模様は読んでいて癒されるものだった。それぞれの物語は店で出されるサンドイッチのメニューをキーに繰り広げられる。雰囲気は「かもめ食堂」や「マカン・マラン」に似ているが、この本には独特の明るさと、キャラクターの魅力があった。出てくるサンドイッチもおいしそうで、近くにこんな店があれば、通うだろう。第三弾を期待する。

2020/06/21

モルク

「めぐり逢いサンドイッチ」の続編。姉妹で営むサンドイッチやさんの5編。キュウリだけのサンドイッチ、キュウリにつまった女子高生の恋心。フィッシュソーセージサンドと少女の思い、などどれもほっこりしてそしてジーンと来る。お客さんの想いに少しでも近づけようと努力する笹ちゃんの姿が凛々しい。そしてこの姉妹の恋の行方も気になる。続編ではあるが、前作を読んでなくとも支障なく楽しめる一冊。

2021/01/14

ひさか

2020年6月角川書店刊。書き下ろし。シリーズ2作目。 青い花火、オーロラ姫のごちそう、黄香ワルツ、明日の果実、祝福のサンドイッチケーキ、の5つの連作短編。明日の果実で空襲の時に走った大阪地下鉄の話が出てくるのが面白い。靭公園脇のサンドイッチ店もホントにありそうで、訪れる人たちのようすも楽しい。軽いノリの話ばかりで、本をとじると、記憶に残らないのが少し残念です。

2020/08/15

みかん🍊

シリーズ2作目とは知らず先に読んでしまったが、前作知らなくても面白かった、大阪の街中の公園の中で姉妹で営むサンドイッチ屋さん、そこの常連さんや取引先のイケメンパン屋さんも魅力的で、やって来たお客さんの小さな謎を解いていく日常ミステリー、サンドイッチは誰にも作れるがその人それぞれの思い出や好みがある、共稼ぎが多くなった今、無理して忙しい中手作りお弁当を作るのか、買った物で済ましてもみんなで朝ご飯を食べる方がいいのか、おのずと答えは見えてくる。仲のいい姉妹でずっとこのお店を続けて欲しい。

2020/07/20

tenori

「めぐり逢いサンドイッチ」続編。伊吹有喜さんの「BAR追分」シリーズも似ているのですが、難しいことや理屈を抜きにして気持ちを委ねられる本。食べることの幸せと、そこから繋がる人間関係が好ましい。この際、店に猫がいる設定はシンボリックなものとして気にしない。サンドイッチ店を営む笹子と蕗子姉妹に加えて一斤王子ことパン屋の川端さん、絵本作家の小野寺さん。前作同様に安定のバランス。訪れるお客さんが抱える謎や悩みををサンドイッチで解決してしまう。ある意味、水戸黄門とか大岡越前みたいな安心感が心地よい。

2021/04/07

感想・レビューをもっと見る