読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

高校事変 VI (角川文庫)

高校事変 VI (角川文庫)

高校事変 VI (角川文庫)

作家
松岡圭祐
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-03-24
ISBN
9784041093139
amazonで購入する Kindle版を購入する

高校事変 VI (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

レビュー書き忘れ。女性の性被害に関しては、死で償わせる意外のジャッジを一切認めない結衣が、沖縄の貧困ビジネスに首を突っ込んできたものだから、ただでは済まないと思っていたら、米軍絡みのとてつもないスケールのアクションに発展。妹が米軍基地で、ちょうど?性奴隷になっていたという、不謹慎ながらもバトル物としてはアツイ展開に雪崩れ込み、姉妹揃って暴れに暴れる。ただ、ここまでくると、やられっぱなしの田代ファミリーの、ラスボス感がだいぶ弱まっている。もしくは、さらっと匂わされているように、兄弟が最後に立ちはだかるのか。

2020/06/05

starbro

新型コロナウィルス対策購入シリーズ第27弾、今回は、Ⅵ巻です。沖縄米軍基地&ハイジャックとスケールアップし、持ち直した感じです。日本で発売された小説の中で、初めて新型コロナウィルスを書いたのではないでしょうか?書下ろし&速筆多作の成せる技です。まだまだシリーズは続きます。続いて5/22発売の最新刊Ⅶ巻へ。トータルの感想は全巻読了後に。 https://promo.kadokawa.co.jp/matsuokakeisuke/ 【読メエロ部】

2020/05/03

海猫

修学旅行から話が始まるが、行き先がUSJだったのが、新型コロナウイルスの影響で沖縄に変更とか、時事ネタを盛り込むのが早い。優莉結衣が普通に旅行するわけはなく、離脱して沖縄遠征編といった内容に。その後はいつも以上のノンストップアクション。というか今回が一番派手じゃね?武装ヘリ・アパッチを撃墜したりタンクローリーを爆破したり。しかも科学的な豆知識で有り合わせのものを工夫して反撃ってのがリアリティーある。特にアパッチ撃墜は反目する妹・凛香と共闘するのが熱い。事件が一通り終わったあと、もう一山あってサービス満点。

2020/03/30

ponpon

殺戮の天使・優衣が舞い降りたのは沖縄。修学旅行で訪れた地で彼女が直面したのは貧困と搾取。虐げられた少女達を救うため優衣が立ち上がる。ヤクザや半ぐれ程度では負ける気がしない彼女ですが、今回の敵はアメリカ軍事会社。訓練を受け装備もこれまでとはケタ違いな連中とどう対峙するか、中盤からハラハラドキドキと、手に汗を握る展開です。事件解決したと思っていたら、まさかのアイツが再登場するなど、最後まで盛り上げてくれます。コロナや例のフランス人と時事ネタも惜しみ無く投入し最高のエンタメです。5月下旬の次巻が待ち遠しい。

2020/03/30

Yunemo

Ⅴの最後で登場してきた伊賀原がこのⅥで対決するのかな、とばかり思ってました。これはこれで取っておくのでしょうね。と理解して。ただ本作、以前に増して雑感が感じられて。新型コロナウイルスまで含めた最新の時事問題としても新鮮ではあると想うのですが。でも、あまり細かいことに拘らずに、女子高生がテロ、反社に打ち勝っていく事案を楽しめれば、それが一番の醍醐味。大きな見方をすれば、田代一族との戦い、脇を固めていくのが兄弟姉妹、アリバイ作りも柔軟になってきたし、いわゆる結衣の行動を、周りがどう受け止めていくのかも焦点に。

2020/03/29

感想・レビューをもっと見る