読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

事故調 (角川文庫)

事故調 (角川文庫)

事故調 (角川文庫)

作家
伊兼源太郎
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-08-25
ISBN
9784041093146
amazonで購入する Kindle版を購入する

事故調 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

市が管理する人工海岸で陥没事故が起こり少年が意識不明の重体に…責任回避の為に特命で動く黒木は、刑事を退職して市職員になった訳アリの男…無気力な黒木に段々と火がついてゆく過程が良い(中盤まで少々緩いが後半はテンポアップ)。伊兼さんにとってデビュー2作目らしいので、若干の雑さと纏まり切れていない感はあるが、登場人物たちの背景や心情は上手く書き込まれていて感情移入し易いのが好き。サスペンスを楽しみつつ「仕事に向き合う姿勢」「信頼できる仲間」などを考えながら熱くなれる部分も多く、やはり肌に合う作家さんだと思えた。

2020/10/26

Kazuko Ohta

人工海岸を歩いていた子どもがいきなり砂に埋もれてしまうなんて、恐ろしすぎる事故。市の責任が問われないように巧く工作するよう命じられた役所勤めの元警官。興味は引かれましたが、事故調とは離れた部分の話が多くて没頭できず。シリーズものなのかと思うぐらい、周囲の人物の過去にあれこれあったことが匂わされているから、頭の中で整理するのが私には大変でした。それにしても、事故発生後に役所に苦情が殺到するばかりか、被害者を責める人がこんなにも多いとは驚きます。きっと本の中だけの話ではなくて、実際そうなのでしょうね。無念。

2020/09/17

くろねこ

そうきたか!面白かった。

2021/02/04

感想・レビューをもっと見る