読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

旅を栖とす

旅を栖とす

旅を栖とす

作家
高橋久美子
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-29
ISBN
9784041093801
amazonで購入する Kindle版を購入する

旅を栖とす / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんこ

高橋久美子さんを知らずに読みました。バックパッカーとして東南アジアを妹さんと旅したカンボジア、台湾が印象的。カンボジアでは地雷で障害者になった国民を、貧しい国民たちが「あの人たちの犠牲があって自分の命や生活があることを忘れてはいけない」との言葉に感動。旅に出ると人の優しさや怖さを全身で感じることが増える。高橋さんも旅慣れているようで、意外と繊細で怖がりなのが人間味があって好感度大。フィンランドも国民の国への信頼の高さに感動。旅は感動をもたらしてくれると思い出させてくれる本でした。

2021/08/03

katherine

チャットモンチーのドラマー▪作詞家として活躍後、作家になった高橋久美子さんの書き下ろし。海外の国々だけでなく、国内も含めこれまで旅した足跡を書きまとめた一冊。高橋さんの魅力があふれる内容だった。自然体で現地の人たちと触れあう姿は、きっと何倍も旅の醍醐味を味わえるに違いない。言葉の選び方もよかった。

2021/07/01

まさ☆( ^ω^ )♬

著者の独特の語り口も相まって、非常に楽しい読書でした。海外を旅する気力は湧いてこないけど、国内の色んな所へは行ってみたいと思ってます。早く、気軽に旅行ができる状態になると良いですね。

2021/05/03

バニラ風味

妹と、時には母も一緒に、海外を旅する著者。外国語がしゃべれる訳でもないけれど、現地に行って、身振り手振りでコミュニケーションをとり、仲良くなっていく様子は、面白かったです。遺跡を見学した時、金品をたかろうとする輩につけられたり、不愛想な若者と少し仲良くなれたけれど、結局相手はお金が欲しかったのだ、というエピソードには複雑な想いでした。

2022/05/21

ひいろ

★★★

2021/03/08

感想・レビューをもっと見る