読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戦翼のシグルドリーヴァ Sakura(下) (角川スニーカー文庫)

戦翼のシグルドリーヴァ Sakura(下) (角川スニーカー文庫)

戦翼のシグルドリーヴァ Sakura(下) (角川スニーカー文庫)

作家
長月達平
藤真拓哉
戦翼倶楽部
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-01
ISBN
9784041094013
amazonで購入する Kindle版を購入する

戦翼のシグルドリーヴァ Sakura(下) (角川スニーカー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ツバサ

下巻。ハードな展開は来ないのかなと油断していたら最後に待ち受けてましたか。桜と園香の友情も良いけど、桜と晃の関係も互いに大事に想っているのも素晴らしい。だからこそ最後の桜の選択は辛くて苦しいけど、選ぶ理由も分からなくもないな。

2020/12/07

げんごろう

既に桜がどうなるのかは分かってはいましたが、それでも辛いものは辛い。彼女が託した切実な願いに強く心打たれました。 “枯れない桜”の想いは不滅ですね。 宮古、アズズ達の出会いや絆のエピソードもしっかり綴られていてアニメ前日譚として大満足です。

2020/12/13

ヤギ郎

Sakura編下巻。一気にキャラクターが増えて、物語も進む。戦乙女の教官役を務めることになった桜は、個性あふれる問題児たちと過ごしながら、改めて自身の戦う目的を探る。先任自衛官の晃の思い、そして迫ってくるピラーの脅威。盛りたくさんの内容。後半は駆け足だったけれど、アニメの前日譚としては大満足。

2021/01/11

みどり

アニメの前日譚で、ここからアニメが始まるわけだが、 アニメがもう佳境に入っているところで今さら感は否めない。でも、これを読んで思い返せば納得も行くし、まぁ、アニメは何度でも見直せるので。 桜の覚悟が見える終わり方。

2020/12/03

はる

うん濃い内容だったセカンダリピラー倒してからの流れが怒涛すぎてしんどい アニメ登場キャラも結構出てきたなグラサンも出てきたわとても面白かったです。

2021/01/03

感想・レビューをもっと見る