読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

来世の記憶

来世の記憶

来世の記憶

作家
藤野可織
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-07-10
ISBN
9784041094136
amazonで購入する Kindle版を購入する

来世の記憶 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

今回の藤野可織作品はジェンダー観や世間体、個性的でありながら同一を強いる風潮に対し、寓意が強めな作品が多い。「時間ある?」は「見下せる事ができる事が居心地が良いから」という理由で相手からの一方的な関係を良しとしていた語り手。でも彼女が相手から「親友と喧嘩したの」と相談されてショックを受ける場面に痛みと同時に黒い嗤いが込み上げてきました。見下す相手にも人生がある。それを見て見ぬ振りをして相手の唯一にもなれやしない。Hey,Siri.ならぬニコラス・ケイジな「鈴木さんの映画」は想像すだにシュールだ。

2020/09/14

はるぱ

不思議な不思議な世界観で貫かれた短編集。スラスラと読み進んだが、「まったくテイストではなかった」以外に書きようもない。こういう世界がお好きな方もいるのだろう。

2020/10/12

ヘラジカ

突飛な発想と社会風刺によって編みあげられた多彩な短編集。奇想という言葉が浮かぶが、個々の作品はその短さを考えると驚くほどの物語性をも有している。一篇一篇が単なるアイディア勝負に堕していない。読者に解釈を促すような作品も、作者の中には明確な概念があることが分かるので、短編ながらも硬い芯が通っている印象だ。ページをめくるたび感心する読書だった。世界文学レベルというのも強ち誇張ではないだろう。ここ最近の日本文学には疎いので、新たな作家に出会うとそのレベルの高さに毎回驚かされる。

2020/07/12

いたろう

それぞれ、不思議というかシュールな世界観に彩られた短編20編。最後の「いつかたったひとつの最高のかばんで」だけが書き下ろしで、他はすべて、いろいろな雑誌等に掲載された作品だが、短編集として、不思議な統一感を持っている。前作「ピエタとトランジ」は、純文学作家が無理にエンタメを書こうとして、収拾がつかなくなってしまった感があったが、本作は、シュールさが適度に想像力を刺激する快作揃い。会社の健康管理室で、ニコラス・ケイジのホログラムのAIが、健康相談員をする「鈴木さんの映画」に、何故ニコラス・ケイジ?と大笑い。

2020/08/29

14番目の月

不穏な気配漂う短編集。 中島さん村田さん小川さんとか安部公房とかをちょっと思い浮かべた。 でもこの本は際だって薄気味悪さを感じる。 なんか救いがないというか…。 本友さんたちのレビューを拝見するのが楽しみな作品。

2020/08/05

感想・レビューをもっと見る