読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

50代になった娘が選ぶ母のお洋服 魔法のクローゼット

50代になった娘が選ぶ母のお洋服 魔法のクローゼット

50代になった娘が選ぶ母のお洋服 魔法のクローゼット

作家
くぼしまりお
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-08-02
ISBN
9784041095867
amazonで購入する Kindle版を購入する

「50代になった娘が選ぶ母のお洋服 魔法のクローゼット」の関連記事

50代になった娘が選ぶ母のお洋服とは?『魔女の宅急便』角野栄子さんの娘・くぼしまりおさんインタビュー

“こんな歳の取り方をしたい”と誰もが憧れる美しい86歳、『魔女の宅急便』でおなじみの角野栄子さん。そのファッションスタイルを生み出した、娘のくぼしまりおさんの綴った一冊が刊行された。オールカラーの写真とイラストをふんだんに用いた実例と、シニア世代をおしゃれで元気にするエッセンスいっぱいの、キュートなファッション・ブックに込めた想いを伺った。 (取材・文=河村道子 撮影=馬場わかな)

“これからはママが着るお洋服を、リオちゃんが、代わりに考えてくれないかしら?”。80歳になったある日、にっこりと微笑みながら、角野さんが告げた言葉。それはくぼしまさんにとって、魔法の呪文だったに違いない。

「まさか、おしゃれ好きな母が、“毎日のお洋服を考えるのが面倒になっちゃった”なんて、私に愚痴る日が来るとは想像もしていなかったので、びっくりしました。でも、実際、母のコーディネートをはじめてみたら、思いのほか面白くて(笑)。母親を着せ替え人形にして遊んでる!って感じでしょうか。最初は“ちょっと派手すぎない?”と、少し抵抗もされたのですが、今ではすっかり母も楽しんでいま…

2021/8/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

50代になった娘が選ぶ母のお洋服 魔法のクローゼット / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

*+:。.もも.。:+*

魔女の宅急便の作者、角野栄子さんの娘さんがお母さんのためにコーディネートした服を紹介した本。確かにお店にある服は年配者のシルエットには合わない服が多いと私も思う。ここ数年、ハンドメイド番組に影響されてワンピースを手作りしているが私達世代に合わせたパターンで起こされてるのかフィット感に非常に満足している。くぼしまさんもお友達に要望を告げて作ってもらっているとのこと。おばちゃん世代にも合う服ってもう作るしかないんだろうか。

2021/11/26

ぽけっとももんが

最近よくEテレで見かける。綺麗でおしゃれだと思っていたけれども、なるほど考え抜かれたファッションなのだ。こんなに若々しくて可愛らしいのは色が白いのが大きいにしても綺麗な色のワンピースの影響は計り知れない。わたしも80代の母の服を見立てるけれども、この世代の人にももっと華やかな色を着てもらいたい。だってビートルズにはまった世代だよ。わたしもこんなワンピースが着たい。そうかー、仕立てるか、いっそ縫うか。型紙出してくれないかな。そしていいなと思ったら口に出して褒めるのは大事。

2021/10/17

みみりん

テレビで時々拝見する角野栄子さん、可愛らしくて本当に素敵。草笛光子さんの本も読んだが女優のようなゴージャスなアクセサリーやハイヒールなどは自分にはとても無理。角野さんのようにだったら老いていくのも楽しそう。この本そのものが挿絵やページの縁まで可愛らしくて読んでいて明るい気持ちになる。

2021/11/16

ぬらりひょん

図書館本。50代におすすめのスタイリングの本だと思ったら、80代の母親のための本だった。モデル(というか母親)の角野栄子さんが若々しくて、とっても可愛らしい。こんな80代ならなってみたいと思える。シルバーヘアになったら(その前に髪の毛があるかどうか…)、もう一度明るい色に挑戦したいなぁ。コロナ禍で外出しない上に、マスクなので、おしゃれなんてすっかり遠のいてしまった。暗い無難な色ばかりだと気分も沈んでしまう。さすがにまだこの配色は無理だけど、小物くらいは買ってもいいかなと思った。

2021/10/04

Incisor

子どものころ好きだった、紙のきせかえ人形あそびを思い出した。いろいろな色の洋服やアクセサリーなどを幾度もきせかえては、夢中にコーディネイトを楽しんでいた。当時はコーディネイトなんてことばも知らなかったけれど。あのときの、想像力が無限に広がっていくような感覚を思い出して、自分の手持ちの服や生活のなかにあるものを、新しい目で楽しんでみたくなった。こんな気持ちにさせてくれる、角野さんも、著者である、娘のくぼしまりおさんも、やっぱり魔女の血をひいているのかなと思ってしまう。

2021/11/02

感想・レビューをもっと見る