読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

平城京 (角川文庫)

平城京 (角川文庫)

平城京 (角川文庫)

作家
安部龍太郎
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-02-25
ISBN
9784041096109
amazonで購入する Kindle版を購入する

平城京 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

coldsurgeon

平城京遷都に関わるミステリーであり、テクノクラート物語である。現在の奈良盆地を思い浮かべながら、平城山のふもとに展開される造都工事が、働く人の汗臭さを感じるように描かれる。そして、それを妨害する謎の集団が、関わることによりミステリーとなる。若い国が、世界に向けて飛び立つときの、その力強くも迷いながら進む姿が、まぶしい。

2021/03/13

こまねち

平城京遷都に関わる歴史ミステリーかな。平城京の造営を任された阿倍船人。しかし、天智派と天武派の争いにより、工事は妨害される。首謀者は誰か?史実ではあるが、フィクション的で楽しめた。

2021/04/06

あきのぶ

平城京造営の物語

2021/03/25

感想・レビューをもっと見る