読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

花の名の姫君 (あすかコミックスDX)

花の名の姫君 (あすかコミックスDX)

花の名の姫君 (あすかコミックスDX)

作家
木原敏江
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-05-23
ISBN
9784041096505
amazonで購入する

花の名の姫君 (あすかコミックスDX) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミナ

なんちゅー話やと思ったけど、『桜姫東文章』の筋書きだった。昔の歌舞伎のお話は見せ場のためにかてんこ盛り感がすごい。

2020/05/30

直人

初出が『ASUKA』で1991年──ということなので20年近くも前の作品なんだなあ。 最近,KADOKAWAが木原先生のコミックスを推しているんだなあ。 なんだろう? さてこの作品はベースは歌舞伎で四世鶴屋南北の『桜姫東文章』という話らしい。 波乱に富んだ桜姫の物語。 いやもう本当に波乱に富んでいる。 歌舞伎自体は観たことがないんだが,伝統芸能もかなり激しい話を扱っていることにビックリ。

2020/08/05

感想・レビューをもっと見る