読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ほとけの心は妻ごころ (角川文庫)

ほとけの心は妻ごころ (角川文庫)

ほとけの心は妻ごころ (角川文庫)

作家
田辺聖子
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-07-16
ISBN
9784041096772
amazonで購入する Kindle版を購入する

ほとけの心は妻ごころ (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

tomoka

妻のほうが一枚うわてと言うことでよろしいかと。

2020/09/07

ekoeko

昭和的な困った夫を持つ妻のお話10編。どのお話も奥さんの度量が広くてコミカルだった。

2020/09/15

じい

たぶん再読。 子供のころ読んだかと。 懐かしい。

2020/08/16

匿名

すみません平成生まれの未婚の私には読了出来ませんでした。 図書館の新刊情報に釣られて借りてみましたが、初版は昭和55年なんですね。 昭和の亭主関白が想像以上で読んでいて気分が良く無く二編目で脱落してしまいました。 文章は面白かったので、結婚して夫へ募る不満が溜まった頃に再読してみようと思います。

2021/01/18

bondo

ナイス不要。身に沁みます。興味のある方はどうぞ(☆)

2020/12/03

感想・レビューをもっと見る