読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

臥竜は漠北に起つ 金椛国春秋 (角川文庫)

臥竜は漠北に起つ 金椛国春秋 (角川文庫)

臥竜は漠北に起つ 金椛国春秋 (角川文庫)

作家
篠原悠希
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-09-24
ISBN
9784041096802
amazonで購入する Kindle版を購入する

臥竜は漠北に起つ 金椛国春秋 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はなりん

玄月の問題はこの巻では解決せず、ますます危険な状況に。捨て身の感じから、生きて帰る決心をしてくれたので、必ず無事に帰って来ると信じてますが。遊圭もますます成長して行動力が半端ない感じになってきた!明々との祝言も見えて来たかなぁ。葵才人と玄月も幸せな結末になりますように!

2020/12/13

よっち

朔露軍との戦いの前線に舞い戻り、極秘の人質奪還作戦を成功させ金椛軍を勝利に導いた遊圭。しかし負傷のため敵地に残った玄月が消息を絶ってしまう第九弾。囚われの身となった玄月と罠にはまって子供を生むことになった蔡才人の苦悩、生死すら確認できない玄月の行方を追い再び敵陣深く潜入する遊圭。思わぬ人物との再会があった遊圭も、いろんなな意味で難しい立場に追い込まれてゆく玄月も、どうにも複雑な事情を抱えていますけど、束の間の邂逅を転機として今の苦境を乗り越え、再びやり合えるような関係に戻って彼女と添い遂げて欲しいですね。

2020/10/09

りー

玄月の受難は続く。打撲傷が治ったと思ったら足枷をつけられるし、脱出の決意をしたところで、今度は妊婦を庇って疲労骨折…遺憾ながら面白くなってきました。完全に遊圭とダブル主人公ですね。後宮女装ものという異色の作品として始まったけれど、巨大遊牧国家と中原の大国が対決するダイナミックな展開に目が離せません。遊圭が「玄月さんなら、後宮を丸め込んでうまく生き延びている」という想像が当たっているのと、今回はどう来る?→待ってました!の女装シーンに笑いました。先が楽しみなシリーズです。犬の温もりが恋しくなる。

2020/10/03

すがはら

玄月ぅ!小月も二人とも必ず幸せになってよね。心配だよ~。陽元が赤子に強い関心を示してるのとか、一体どこへつながるのでしょうか。陽元め、いつもいつも何の悪気もなく玄月を窮地に立たせるんだから。遊圭と明々は一足先に祝言まで行けそうなのかな。どこまで話が広がって行くのか、着地点が見えたような遠ざかったような…。

2020/11/09

Yuu I

図書館本。久しぶりでも読みはじめて、話の流れを思い出した。遊圭が頑張ってるのに、つれない玄月。小月の重たいメッセージは、繋ぎとめてくれるか。遊圭、20歳過ぎての女装は、無理があるのでは。なんとか明々と幸せになって欲しい。「後宮に星は宿る1~金椛国春秋」コミック出てたんだ。イメージが…。さて次巻へ期待。

2020/11/19

感想・レビューをもっと見る