読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪盗不思議紳士 (角川文庫)

怪盗不思議紳士 (角川文庫)

怪盗不思議紳士 (角川文庫)

作家
我孫子武丸
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-08-25
ISBN
9784041096949
amazonで購入する Kindle版を購入する

怪盗不思議紳士 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

hnzwd

終戦後の日本を舞台にした怪盗対名探偵。作者が我孫子武丸なんで心配しましたが、綺麗な冒険活劇でした。作風の違いは書かれた経緯が特殊だったからのようですねー

2021/02/06

たぬ

☆4 元は舞台作品だったそう。色々とちょうど良い良作でした。終戦直後の東京を舞台にした探偵活劇なんだけど、平易な文章で読みやすいうえに起承転結がくっきりしていてハラハラやしんみりなどのバランスが適度。登場人物の人数やキャラクター、相関も欲張りすぎず少なすぎず。蝶子がお飾りお嬢様じゃなくちゃんと活躍していたのは特に良かったな。なんだかんだで元祖九条響太郎が退場しちゃったのが物足りない。

2021/03/10

Urmnaf

終戦直後。戦前に巷を騒がせていた怪盗不思議紳士が活動を再開。しかし、その犯行は以前とうって変わった殺伐としたものだった。不思議紳士の好敵手である名探偵、九条響太郎もあらためて捜査に着手するが、その矢先、不思議紳士に爆殺されてしまう。途方に暮れた助手で少年探偵の草野瑞樹は、響太郎が使っていた影武者の大作を響太郎の代役に立て、不思議紳士との対決に臨む。ヘタレの代役のはずの大作の存在が瑞樹の中で徐々に大きくなっていき、響太郎は本当に死んだのか?との思いも強くなる。舞台発の物語らしくテンポの良い活劇譚。

2020/10/28

きょん

怪盗二十面相的なテイストは楽しいけど、名探偵がどこにもいないんですよね。助手くんが、子供である体のハンデはあるけど知性大人レベルというコナンくんみたいな感じならともかく、今後事務所運営大丈夫かなあと心配になった。

2020/09/08

Jimmy

あの奇作「殺戮」や私の本格No.1「弥勒」の我孫子武丸ですが、非常に残念ながらこれでもう買うのはやめます。何を狙って書かれたのか理解できず、さらに何をモチベーションに読めば良いのかわからなくなり、途方に暮れた400ページでした。

2020/09/16

感想・レビューをもっと見る