読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) 新装版 (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) 新装版 (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) 新装版 (角川コミックス・エース)

作家
富野由悠季
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-03-26
ISBN
9784041097182
amazonで購入する

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) 新装版 (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

神太郎

今回はつなぎの巻。大きな戦闘もなく、地球圏の現状と連邦政府が世襲制になりつつあることで腐敗が進んでいるという作品の設定をより強めた印象。地球圏から人を狩るのを生業にしている仕事があるとかね。ちょくちょく世紀末感が。ケネスやハサウェイの話はそこまで広がらず。ただ、ハサウェイが青い感じがね…。ギギにしても自分としてはそこまで惹かれるか?正直めんどいと思うんですが、にも関わらず登場人物の男2人が翻弄されていくのは不思議な感じがする。この2人の男と1人の女の物語がどこに行き着くのか。

2021/05/17

なつみかん

いとも容易くファムファタール(ギギ)に翻弄されている二人の男たち、そんな感じで次は下巻、どうなる?😅

2021/04/24

のま。

グロ回 …これ映画やるんかな… レーンくんの成長に期待!

2021/10/05

ハイちん

マフティーに戻ったハサウェイは、オエンベリで反連邦運動家達の末路を目の当たりにする。シャアとアムロが人間の可能性を示しても連邦の腐敗は止まらない。ラプラスの箱でもダメだった。ましてやマフティーのテロごときでは……という気はする。まあハサウェイはシャアとアムロから引き継いだ気高さをマフティーの活動を通して示して欲しい。今回もギギが大活躍でパトロンの爺さんを裏切り、ケネスとメイスフラゥワーのフラグをぶっ壊したあとでハサウェイと合流という暴れぶり。もう次巻は修羅場の予感しかしない。ケリア、ミヘッシャ逃げて!!

2021/11/26

かえ☆★★

買った本です。映画を見たいのに、なかなか時間があわなくていけないから、小説読んで予習してからいきます。ギギが可愛い。小説でもかわいい。

2021/06/14

感想・レビューをもっと見る