読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版 (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版 (角川コミックス・エース)

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版 (角川コミックス・エース)

作家
富野由悠季
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-04-26
ISBN
9784041097199
amazonで購入する

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版 (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

神太郎

何とも言えぬ終わり方。切ないでもなく、悲しいとかそういう単純なのでもない。ガンダムというロボの本質をブライトが語る辺りがハサウェイもまた、いちガンダムパイロットとしての才覚があったということか。しかし、Ξガンダム呆気なかった。一つの終焉を見たようなそんな気分。ラストは本当に…うん、筆舌に尽くしがたい。ハサウェイの生き様は閃光の如く一瞬の輝きのなかに。でも、その名前は歴史に刻まれるのだろうね。地球連邦軍もほんと、やーな感じよ。メッセージ性の強い作品でした。富野さん、やっぱすげえや!

2021/08/01

林田力 #東急不動産だまし売り裁判

『機動戦士ガンダム』はMS同士の戦闘が華である。一方で初代ガンダムからMSなど消し飛んでしまうほどの超兵器が登場している。それでも超兵器だけで戦争の帰趨が決まるわけではなく、ガンダムの超人的活躍が重要であった。故にガンダムがタイトルになる。これに対して『閃光のハサウェイ』ではMS同士の最終決戦において、MS以外の兵器でガンダムが倒される。これは一年戦争以来のガンダムの伝説の終わりとも言える。地球連邦の弱体化に至る終わりの始まりになった。

2021/06/22

なつみかん

ずっと前からその存在は知っていた〝閃光のハサウェイ〟を読了!さぁ〜後は映画待ちだね。(またちょっと延期したけども・・・)

2021/04/29

のま。

これは…辛すぎる… 救われない… でも面白いから困るよね… 楽しみにしてるよ映画の戦闘シーン

2021/10/05

かえ☆★★

買った本です。どんなラストを迎えるのかと思いきや。これ、映画館とかで見たら号泣するに決まってる。。。

2021/06/15

感想・レビューをもっと見る