読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー (角川文庫)

紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー (角川文庫)

紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー (角川文庫)

作家
ほしおさなえ
おかざきおか
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-09-24
ISBN
9784041097755
amazonで購入する Kindle版を購入する

紙屋ふじさき記念館 物語ペーパー (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

“温故知新”、“好きこそ物の上手なれ”いう言葉を、ふと思い出す。和紙に興味を持った百花が、和紙の素晴らしさを伝えるために、あれやこれやと努力していく姿は、微笑ましく応援したくなる。そんな中で、間違いなく嫌われるだろう浩介の存在も気になる。古き良きものを現代に残す。そして、舞台となる町すらさえも大切にしてる。優しく温かく丁寧にオブラートで包みこむようなほしおさなえワールドはいいね。いつか百花の父の小説も読んでみたい。

2020/11/15

みかん🍊

シリーズ2作目とは知らず読んだが、女子大生の百花がふじさき記念館でバイトしながら和紙に惹かれ、たくさんの人に知ってもらうため様々なアイデアを考えていく様子が清々しく良かった、亡き作家の父親が言っていた「紙はむかしから強い力宿すものだった」に納得、「人はみんなひとりなんだ、だからこそ生きているあいだはまわりにいる人と一緒に過ごそう」そう思える人々に恵まれ、成長していく。ほしおさんは昔ながらの手作りのものつくりが好きなんだろうな。美濃市にも行ってみたくなった。

2020/10/21

ポチ

和紙っていいですね。紙漉き、蝋引き…。紙こもの市も面白そうだなぁ。美濃に行きたくなりました。

2020/10/13

よっち

名古屋で行われた紙こもの市への出店を手伝った百花と莉子。終了後、そのまま美濃和紙の産地に立ち寄る一成に付いていくことになる第二弾。和紙すき体験や職人たちの歴史を学ぶことで、和紙への想いを新たにしてゆく百花たち。藤崎産業の現社長の息子・浩介の存在と一成の確執。優しい登場う人物が多い中で浩介のような存在は異質でしたけど、記念館存続も必ずしも安泰ではないことを実感する状況で、様々な人と出会いながら和紙の奥深さを知り、刺激を受けて百花が成長してゆく姿が印象的でした。これからどんなアイデアが出てくるのか楽しみです。

2020/11/04

ぽろん

シリーズ2巻。どんどん前向きに行動する百花が輝いている。そんな百花に藤崎さんも影響されたみたい。百花の亡き父親の小説、読んでみたいなあ。物語ペーパーの発端となった一件は、思わず目頭が熱くなった。記念館の今後に期待です。

2020/10/23

感想・レビューをもっと見る