読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕の神さま

僕の神さま

僕の神さま

作家
芦沢央
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-08-19
ISBN
9784041097786
amazonで購入する Kindle版を購入する

僕の神さま / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

小学校5年生の佐土原クンの目線で、頭脳明晰な水谷クンの名推理を描いた4編+エピローグ構成の連作短編。「あの芦沢さんが子供主人公の話?」と読む前は懐疑的だったが、著者らしいブラック&ビターな味付けで、切れの良い日常&青春ミステリが活き活きと描かれていた。いかにも小5の佐土原クンと小5とは思えない水谷クンの組み合わせも定番ながら効果的だし、同級生・川上さんの儚く切ない存在も効いている。エピローグでドンデン返し的に伏線回収をしているのも良かった。贔屓の芦沢さんとしては「中の上レベル」だが、続編を期待したい佳作。

2020/10/18

Yunemo

水谷君、小学5年生ですよ。こんな設定にしていいの。自身もそうであるように佐土原君が普通の小5と考えてしまいます。でも自身、自分の狡さに悩みましたかね、と問われればちょっと恥ずかしい想いに。水谷君の思考方法を現実的に考えると何となく落ち着かないザワザワ感ばかりが自身にまとわりついて。まだまだ世間を知らないはずなのに、まるで経験済かのような指導力、その方法。川上さんへの対応はまさにその通り。例えば、10年後20年後の水谷君と佐土原君はどういう大人になってるのか、著者の感性で描いていただきたいとの想いが募って。

2020/08/30

ムーミン

とても考えさせられたし楽しめた作品でした。

2021/01/17

cinos

麻耶さんの神様を思い出しましたが、違う神さまです。1作目の感動的な春の話と愉快な秋の騎馬戦と、それとは真逆の重い夏と冬の物語による連作短編集です。名探偵とワトソン役の関係について考えさせられます。

2020/09/17

のぶ

学園ミステリー連作短編集で軽い気分で楽しめた。全編にわたって水谷くんという少年が登場する。登場人物のほとんどは、小学5年生。そんな中でも水谷くんはどんなことでも、明快にその理由、対応策を示してくれ、神さまと呼ばれているいわば名探偵だ。友だちから意地悪されたら、運動会で出たくない競技があったら、弟が迷子になってもみんな水谷くんが解決してくれる。ある日、同じクラスの川上さんからある相談を受けるその内容は?ミステリーと同時に、ライトホラーの要素も入っていて面白いが、軽いが故に印象に残り難いかもしれない。

2020/09/13

感想・レビューをもっと見る