読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うちの執事に願ったならば 9 (角川文庫)

うちの執事に願ったならば 9 (角川文庫)

うちの執事に願ったならば 9 (角川文庫)

作家
高里椎奈
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-08-25
ISBN
9784041097878
amazonで購入する Kindle版を購入する

うちの執事に願ったならば 9 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

うちの執事に願ったならば、必ず望みは果たされる。 シリーズ完結巻

2020/09/12

hirune

赤目刻弥…今更だけど なんちゅう面倒臭い奴なんだ😓そして赤目さんの祖父さん始めその一族って子供相手に大人気なさすぎだよね。。花穎も5歳の時のことを根に持たれて災難ですね。でも面倒臭くとも、懐いちゃって 赤目さん大好きなんだから自業自得か。そして結局みんな鳳が影で暗躍して解決してくれちゃってるのでは…?衣更月と花穎はずいぶん息が合ってきたと思ってたけど、まだまだこれからもずーっと葛藤は続きそうだなぁ☆

2020/12/21

雪紫

ひぇっ、前回読んで危惧した花穎のことが部分的に当たり・・・!なタイトル変更な執事シリーズ最終巻。最初の話は未熟か、成長か。ある意味逃避に見えた結末なだけに(第三者ながらちょっとへこむ。今まで語られたのが花穎の主観中心だから余計に)最後の話の真相とその後の花穎のまっすぐさに気分を引き締められる。この後の彼の優しく未熟ゆえに強い決意を応援したい。そう思う。・・・そう言えば最後のあの人にひぐらしの彼女を重ねてしまってクスリとしてしまった。

2020/08/28

ゆきちん

シリーズ完結。花穎の成人式で招待客に異変。誰が招かれざる客か?鳳の昔話。花頴の肖像画を描く画家候補が次々脱落。裏に何が?の3本。ここに来て、赤目。過去のしがらみがまだ。でも花頴成長してるよね。衣更月が変わるのもうなずける。立派な当主になったところで、EXが楽しみです。

2021/02/16

えぇぇ、完結(>_<)最後の今作に壱葉さんと頼長さんが登場されて良かったです。皆さんに、また逢えるとイイなぁ。

2020/09/11

感想・レビューをもっと見る