読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

高校事変 VIII (角川文庫)

高校事変 VIII (角川文庫)

高校事変 VIII (角川文庫)

作家
松岡圭祐
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-08-25
ISBN
9784041098745
amazonで購入する Kindle版を購入する

高校事変 VIII (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

前作ラストで登場した次男篤志が、特に衝突もないまま、ちょっと頭は悪いけど良い奴的ポジションにあっさり収まり、もうすっかりお馴染みの妹凛香や、急に再登場のヨンジュと共に、まさに公安が危惧する通りの武装集団を形成し始める。確かに、結衣の意図する者ではないかりもしれないが、そろそろ野放しにしちゃイカンだろ?なレベルに規模が拡大してきている。どう纏めていくのか。過去作の時点で、弱体化が著しかった田代ファミリーは、見せ場もないまま、為すすべなく崩壊。今後は、身内での争いがメインになりそう。勇次も味方になるかな?

2020/08/28

starbro

今回は最新刊Ⅷ巻です。本巻、田代親子との決戦で完結と思いきや、田代勇次が生き延びて、次巻Ⅸ巻で最終?決戦のようです。どのような展開になるでしょうか。10月25日販売予定のⅨ巻が楽しみです。 https://promo.kadokawa.co.jp/matsuokakeisuke/ 【読メエロ部】

2020/10/10

海猫

今回、優莉結衣のアクションシーンは控えめか?と思っていたら後半は猛烈なノンストップ・アクションで、読み応えあった。アクションだけでなく、シチュエーション作りやドラマの方も凝っている。手製の原子爆弾をどうするか?とか、反目してたはずの姉妹が共闘したり見どころは多い。そんな中、心にペシミズムを宿していた優莉結衣が、変化していく過程もよくわかる巻であった。田代ファミリーとの全面対決となった内容で、このシリーズも大詰めに入ってきた感じはするが、どこまで巻数を伸ばすのか気になる。10月末には9巻なので、出たら読む。

2020/09/16

utinopoti27

誰のため、何のために優莉結衣は闘うのか。降りかかる火の粉を払い続けて早や8巻目。JK版ダイハードは、凄まじいまでの熱量を放出しながら、ついに最終局面へ。対するは宿敵田代ファミリー。たかだか華奢な女子高校生相手に、傭兵部隊や戦闘ヘリでは飽き足らず、今回はなんと核兵器まで登場するのだから驚きだ。ワラワラ迫りくる雑魚キャラどもを、モグラ叩きのごとく一掃するアクションシーンは爽快そのもの。すったもんだのあげく、次巻はいよいよラスボスが待っている・・のか?さすがにもう引き延ばしは勘弁してね、松岡さん。

2020/10/14

ponpon

殺戮の天使・結衣。いよいよ田代ファミリーとの最終決戦に臨む。田代Fが結衣にかけた巨額の懸賞金狙いの半グレとの攻防や核兵器の使用阻止と手に汗握る大立ち回り。とある目的のための洋上での潰滅戦へ…。結衣の優勢がはっきりしたため手勢も増え闘いの様相も変化し、何より兄弟姉妹との関わりと結衣の心情変化が見所か。血で血を洗う抗争にも終わりが見えて、警察との駆引きもまさかの終結。結衣は何処に向かうのだろうと心配になりながら読了し頁を一枚捲ったら、10月に第10巻刊行の告知。なんとアイツは生きていた…。刊行が待ち遠しい。

2020/09/04

感想・レビューをもっと見る