読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きみの傷跡

きみの傷跡

きみの傷跡

作家
藤野恵美
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-03-19
ISBN
9784041099896
amazonで購入する Kindle版を購入する

きみの傷跡 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

信兵衛

お互いに初恋同士とあって、じれったい思いが綴られますが、そこが初々しく、また清新という印象です。

2021/04/12

コンチャン

大学生の男女の恋愛物語、と書いてしまえばあっさりしたものですが、タイトル通り、彼女は過去に傷を抱えていて、考えさせられるものもありました。とはいえ、そこまで重苦しい雰囲気を引きずることのないまま読了できました。初々しい気持ちになりました。

2021/04/26

assam2005

「私の恋人」「ぼくの嘘」に続く「きみの傷跡」。前2冊がYA系だったのでこちらもかと思って手に取ったのですが、ちょっとヘビー。大好きな人は苦しみに叩き落とされ、未だトラウマ真っ只中。星野(彼氏)はその理不尽さに腹を立て、愛する人が素直に幸せを感じられるためには、自分は何をすべきか。真剣に考え、優しさで包み込もうとする星野。不器用で経験もない、だけど人への気遣いは誰にも負けない星野。君の幸せが僕を幸せにする。そんな優しさにふんわり包まれる花宮(彼女)。久しぶりにピュアな恋心に触れた気がしました。

2021/05/01

紅子

少女漫画的な作品。きゅんきゅんしながらも少し重た目なテーマを含み、しっかり読ませられました。男の子の星野くんがとっても魅力的。大学生に戻りたい…

2021/04/16

toshi

大学生の恋愛物語。 主人公の星野公平と花宮まいがパラグラフごとに交互に一人称で話が進む。 法学部で写真部に所属する2年生の星野と、後輩で新入部員のまいが付き合い始めるが、まいには過去が有りそう。 徐々にまいの過去が明らかになっていき星野の愛情によってそれを克服するという物語。 それなりに面白かったけど、それだけ。

2021/03/31

感想・レビューをもっと見る