読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

家族ドミノ (単行本)

家族ドミノ (単行本)

家族ドミノ (単行本)

作家
古川春秋
出版社
角川書店
発売日
2013-09-28
ISBN
9784041105573
amazonで購入する Kindle版を購入する

家族ドミノ (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カナティ

うわ〜うわ〜!とにかく面白かった!タイムリミットは13時間!ワケあり三兄妹が遺言の入った金庫を求めてあっちにそっちにと振り回されるのだけど、後半以降は特に止まらなくて夢中で読んでたら地下鉄の降車駅を通過していたぐらい(笑)。前作の「ホテルブラジル」も読んでみたいです。

2013/12/13

そのぼん

突然、父親の訃報を知らされた三人の兄妹がメインとお話でした。遺産を巡ってのお話だったのでドロドロした感じかと思いましたが、意外と重くはなりませんでした。途中からイマイチストーリーに入り込めなかったので、さらっと流し読みでした。

2013/11/10

みかん🍊

勘当されていた3人の兄弟のもとに父親が亡くなったと言う連絡、お金に困っていた3人はあわよくばとお葬式に駆けつける。そこで弁護士がら告げられたのは・・遺産を巡って13時間目まぐるしく振り回される兄弟達。碌でもない兄弟がと思ったら、とても魅力的なキャラクターで3人の兄弟愛?にもほろっとさせられました。ドタバタですが楽しいエンタメ作品です。結局父親は何がしたかったのか。初読みの作家さんでしたが、他の作品も読みたいと思いました。

2013/12/20

HoneyBEE

ばってん荒川に反応。いやはや懐かしい名前を聞きました。父親に勘当された3人の息子娘、無くなって見つけてもまた無くなる遺書入り金庫のためにヤクザに立てこもり犯に対峙することに。親よりも長い時間一緒に生きてゆく兄弟、そこにあるのは決して他人ではない繋がり。春夏秋冬、なるほどなるほど。叔父さんが最後一番おいしいところをすべて掻っ攫っていきました。母からの教えを守り助け合う、素敵な兄弟。

2013/11/16

りちゃ

10年ぶりに顔を合わせる三兄妹。父の遺言の入った金庫を追い求め、次々に湧き起こるトラブル。お金が絡むとろくなことがない。血は水よりも濃い…?いやいや、血縁以上のものもある。この終わり方好きだ。気持ちよく読了。

2017/10/13

感想・レビューをもっと見る