読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

妻と女と雨が好き (単行本)

妻と女と雨が好き (単行本)

妻と女と雨が好き (単行本)

作家
一色伸幸
.
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2013-12-25
ISBN
9784041106563
amazonで購入する Kindle版を購入する

妻と女と雨が好き (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちゃんみー

装丁から、ほのぼのとした物語を想像してたのですが・・・これは明らかにR18に指定です!!(◎_◎;)大人の私は楽しめましたけど(*^^*)こんなビジネスは普通成り立ちませんが、そんなことはどうでもよくって、やっぱり妻がいいねってことなのかな?そしてやっぱり旦那がいいよねってことなのかな?春風先輩ってのがよくわかりませんでした。R18に興味がある方は読んでみてください(笑)

2014/08/15

chips

図書館本。表紙から恋愛本と思ったのと、作者が聞いたことのある一色伸幸さんだったから借りてみました。思っていたストーリーとは違って、性描写が露骨だったりしましたが、割りと面白く読みました。春風先輩は謎の人物だし、3人のビジネスは最低だけど、水川が妻の汐里を想う心は優しくて好感が持てました。でも、なんだか読むのに時間かかったなぁ。

2019/04/28

Kei

内容は、しょうもないエロですが。(笑)結構、今の世相を反映しています、不妊治療、就職難、セックスレス、被災地、ブログ、二次元。これ、春風先輩で、連作作れると思うのですが、どうでしょうか?(笑)

2014/03/05

コリンちゃん

文中の性描写がかなりストレートで、何と言っていいやら~ 電車の中で本書を読み始め、周りの目を気にして思わず本を閉じました… この世の中に貞操権ビジネスなるものが存在するなんてとても想像できないし、そう簡単に物事が運ぶとは思えませんが…小説のなかの世界ということで。

2014/01/31

まさあき

これは、とても人前では読めない!前半はとにかく恥ずかしいくらいリアルで、やばい!後半になるにつれ、主人公の水川はやっぱり妻が好きなのがわかるので、良かった。雨が好きの意味には少し悲しくなり、春風先輩の存在が二人を救ってくれたのだと思うと良い話だったなぁと思う。「つつがない」本当にいい言葉だなぁ!

2014/02/23

感想・レビューをもっと見る