読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

高校事変IX (角川文庫)

高校事変IX (角川文庫)

高校事変IX (角川文庫)

作家
松岡圭祐
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-23
ISBN
9784041108345
amazonで購入する Kindle版を購入する

高校事変IX (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

どんどん小粒になっていった田代勇次の存在感が復活することは遂にないまま、むしろ最後の最後まで株を下げ続け、マザコン色をつけられ、バドミントンですら素人に完敗するところまで堕ちて退場。少年漫画では、悪役の梃入れもよくあることだが、発端である武蔵小杉高校時変と、深いつながりがあっただけに、今後の展開が様変わりしすぎないか少し心配。作品単体でも今回はテンションダウン。スケールアップし続けてきた中で、流れの必然性とはいえ、敵集団が過去最弱。そこを補うかのような、結衣の発熱症も、上手く料理出来ていたとは言い難い。

2020/10/31

starbro

12月の第一作は、JK青春ハードボイルド『高校事変』の第9弾です。本巻でシリーズ完結かと思いきや、まだまだ続きます。流石に武蔵小杉のタワーマンションは爆破しませんでした。優莉結衣が田代勇次とバドミントン対決をするとは思いませんでした(笑)来春のⅩ巻が楽しみです。 https://promo.kadokawa.co.jp/matsuokakeisuke/

2020/12/01

utinopoti27

あの阿鼻叫喚の地獄絵図・武蔵小杉高校事変から2年半、ついに宿敵との決戦が。田代勇次と優莉結衣、同年代にして最悪最凶のライバル同士の壮絶な一騎打ち。本シリーズ最大のターニングポイントだ。とくに注目すべきは、互いに躊躇なく人の命を奪ってきた大量殺戮者であり、コアな部分で二人は似た者同士だということ。単純な善悪を超えた闘い、ここに本作の神髄がある。どれだけ敵の野望を打ち砕こうとも、無間地獄を彷徨うが如く、結衣に心の安寧が訪れることはないのかもしれない。そして次回、また新たなステージの幕が開くらしい。もう凄すぎ!

2020/12/13

海猫

前巻は田代グループとの全面戦争で、今回は優莉結衣と田代勇次との一騎討ち。前半の結衣はストレス性高体温症で、体調不良。彼女も罪の意識に苛まれる瞬間があった。好き好んでではないが、これまでの巻を思えば多数の命を奪っているのも事実。後半は一気にノンストップアクションに移行。銃撃戦、格闘戦などあって、映像的で疾走するように読める。その中でも駆け引きもあり、有り合わせのものを武器にしたり、一瞬の生死をわける判断もあり、結衣の頭もキレも只者ではない。決着は着くがこの先、結衣は何と戦ってどう生きるのか?X巻の発売待ち。

2021/03/18

H!deking

ぐおー!めちゃくちゃ面白かったー!まあ細かいことは気にせずとにかく読んでください(笑) それはさておき、武器の蘊蓄だとか、警察関連のこととか、ここまで細かく書かれちゃうと、ドラマとか映画のシナリオ書いてる人とかは苦労するかもねー!ってくらいリアル!早くⅩ出ないかなー。続けて探偵の探偵いきまーす!!

2021/01/25

感想・レビューをもっと見る