読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人外サーカス (角川ホラー文庫)

人外サーカス (角川ホラー文庫)

人外サーカス (角川ホラー文庫)

作家
小林泰三
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-22
ISBN
9784041108352
amazonで購入する Kindle版を購入する

人外サーカス (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ナルピーチ

サーカス団vs吸血鬼による激闘の一夜を描いた一冊。団員達の特技を活かした攻撃が果たして吸血鬼に通用するのか?!命懸けのショーが幕を開ける。スリリングな展開とダークファンタジーな世界観はまさに小林ワールドと呼べる内容。角川ホラーからの出版となってはいるものの、ホラー要素は薄めのイメージでラノベ感覚の方が強かったかな。多少グロもあるけど後味の悪さもなし。そしてなにより、バックパッカーの徳さん、あんたが一番恐いわ!

2021/07/31

坂城 弥生

可憐な表紙だけど、結構血みどろの格闘系だった…吸血鬼が仲悪かったからなんとかなったけど、結託されたら手も足も出ないだろうな。

2021/02/12

『よ♪』@試験終了…徐々に復帰

思いっきり表紙買い。ホラー文庫から出てるけど内容的には目一杯エンタメ振りしたサバイバルバトル。人外(吸血鬼)vs人(サーカス団)。夏の短夜に楽しめる軽快なB級ホラー。はじめに引掛け(?)があって頭混乱したけど読み直して解決。ふむふむ、そーゆーことね。騙された(;´▽`A`` 主人公の名前でなんとなく某"東〇喰種"を連想したんだけど、どっちかっていうと"J〇J〇の第二部"的な感じかも♪あ、あとボクが萌え萌えした表紙の娘は誰?主人公が最初に会う吸血鬼がそうかな?でも、"カラフルな服"って書いてあんだよね…💧

2021/07/23

神太郎

吸血鬼と吸血鬼ハンター集団コンソーシアムが偽装したサーカス団に間違われたインクレディブルサーカス団団員たちの死闘を描く。圧倒的な強さを誇る吸血鬼達になんの装備もない一般人がどう立ち向かうのか…。知恵をふり絞り戦う感じはジョジョ第一部や二部を彷彿とさせる。力対力ではないので楽しかった。ネフィリムに出てくるキャラに小林泰三作品のレギュラーメンバー?徳さんが無双したりとクロスオーバーも醍醐味ですな。てか、徳さん推理力を戦闘力に転換できるとかどんだけ…。今後も展開できそうな感じだっただけに続き読めないのは悲しい。

2021/06/11

キナコ

表紙が素敵だったので購入。吸血鬼VSサーカス団という異色の組み合わせ。個人的にはファンタジー要素が多すぎてあっさりと読めました。 初めはキャラクターが多い割には描写が少なく、覚えるのが大変でした。これがシリーズならまた違うんでしょうけど…きっとシリーズで考えてたんだろうなぁ。そう思うと、今後この作者の作品が読めなくなるのは悲しいなぁ。

2021/08/25

感想・レビューをもっと見る