読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バチカン奇跡調査官 三つの謎のフーガ (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官 三つの謎のフーガ (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官 三つの謎のフーガ (角川ホラー文庫)

作家
藤木稟
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-24
ISBN
9784041108420
amazonで購入する Kindle版を購入する

バチカン奇跡調査官 三つの謎のフーガ (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

enana

シリーズ21作目は短編集第5段。祝10周年

2021/01/06

眠る山猫屋

シン博士とロベルトのエピソード、スパイダーマンのエピソードは予定調和的な幕引きだったが、特に前者にはクスリとさせられた。どれだけ怖れられてるんだ、平賀。注目は一話目のローレン。いやいや、あの仮想通貨までローレンの仕掛けだったのかい(爆)国家予算級の金銭を動かし、何やら動き出す気配に期待も膨らむ。ローレンの敵はガルドウネばかりとは云えないが、平賀の為に参戦するとしたら熱いなぁ。シリーズに大きなうねりが来るのだろうか、楽しみだ。

2021/01/26

平賀やロベルトだけでは無く、サブキャラにスポットが当たるのは短編集ならでは。サクサク読める軽快さと、読み応えのある謎な部分と、終始楽しく読了

2021/02/10

さくりや

短編第5弾とかサバ読んでるけどシリーズ第21弾だから!バチカンシリーズの短編集のどこが魅力って、平賀ロベルトの王道2次元コンビも、フィオナアメデオの王道刑事ドラマコンビも良いよねってところだと思う。「透明人間殺人事件」このシリーズのキャラではフィオナが1番好き。アメデオとの掛け合いもストーリーも王道刑事ドラマで好みだった。「ダジャ・ナヤーラの遺言」家族ができて良かったねロベルト!平賀が怖いのはちょっと分かる笑。「スパイダーマンの謎」んー、イマイチ。平賀の好奇心だけで休暇を調査に捧げるか⁉︎

2020/12/28

坂城 弥生

今回は短編集。シン博士とロベルトの組み合わせがちょっと意外。でも平賀はシン博士に完全に有害認定されちゃってるのね…あとウイルスに関する新たな知識。『ウイルス進化論』なんてものがあるんだなぁと。

2021/02/08

感想・レビューをもっと見る