読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンナの土星 (角川文庫)

アンナの土星 (角川文庫)

アンナの土星 (角川文庫)

作家
益田ミリ
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-02-25
ISBN
9784041108604
amazonで購入する

ジャンル

アンナの土星 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

cithara

ミリさんの新しいマンガだと思って、中身も確認せずに買う。あとで見たら小説だった。でも面白いように読みやすかった。本書の中ではお兄さんがミリさんに一番近い感じ。以前他の本でミリさんがプラネタリウムについて書いたエッセーを読んだことがある。だから彼女が宇宙に並々ならぬ関心を抱いているのは知っていた。さらっと書いているけど、アンナの中学校生活はなかなか大変だ。やはり「ハブ」にならないように皆気を使って生活しているのだ。「袋からこぼれたコンペイトウみたいに、星は、夜空のあっちこっちに転がっていた」ステキな表現。

2021/03/02

ぱぴー

益田ミリさんのマンガは大好きですが、この本は小説でした。主人公の中学2年生の日常がリアル過ぎて切なかったのと、最近星を見る機会がまったくないことが急に残念に思えてきた。さらっと読めて、楽しい気持ちになれました。

2021/03/07

感想・レビューをもっと見る