読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

作ってあげたい小江戸ごはん3 ほくほく里芋ごはんと父の見合い (角川文庫)

作ってあげたい小江戸ごはん3 ほくほく里芋ごはんと父の見合い (角川文庫)

作ってあげたい小江戸ごはん3 ほくほく里芋ごはんと父の見合い (角川文庫)

作家
高橋由太
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-22
ISBN
9784041108796
amazonで購入する Kindle版を購入する

作ってあげたい小江戸ごはん3 ほくほく里芋ごはんと父の見合い (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カール

今回もサクサクっと読了。相変わらず元気いっぱいのたまきちゃんのキャラがとってもいいですね。各章の始めに、お話に出てくる川越の名所が紹介されているので、またまた「いつかは川越へ」の思いが強くなります。

2021/03/05

しぇん

今巻は切なくなる話多めでした。重い展開になると、たまきちゃんの無敵な天然ぷりが救いになりますね。…定食屋さんという普通の料理を出す中で、普通に美味しさを工夫していく描写は変わらず秀逸でした。川越にもコロナがおさまったら又行きたいなとも思わせてくれる作品でした

2021/01/25

小梅さん。

今回も元気をたくさんもらった。 たまきちゃんのぶっとんだ元気っぷりには笑って笑って元気をもらえる。 大地も、父昇吾も好き。 お見合いの顛末は、なんとなくそうかなって思ってたのだけれど、アレははずれていてほしかった、、、 ナスの照り焼き丼の少年、あんなに小さいのに大人になっているのが切ない。でも、本人はそんなふうには思ってほしくないのだろうな。がんばれ。 信楽食堂に関する悪質なデマ。 そんな「災」さえも「福」に変えていく人情。 信楽食堂のあったかご飯、食べてみたいなー。

2021/01/29

tomtom

前から行きたいと思っていたお店が載っていて、川越行きたいなぁという思いに再びなった。たまきのキャラがみんなに知れ渡り愛されているのがいい。なんとなくお見合いの話は予想ついてしまったけど、この先も楽しみ。

2021/04/28

ポウ

好きな作家さんのシリーズ3作目♪ 小江戸と呼ばれる埼玉県は川越が舞台。 氷川神社裏にある信楽食堂・・・そこで働くたぬ・・・ 失礼!そこで働くたまき! とにかく元気!今回も超元気!自由奔放過ぎる彼女には いつも元気を頂きます^^ 食堂裏には私の生き方を変えてくれた黒猫王子の喫茶店。 いつか桜咲く季節 新河岸川・時の鐘・川越氷川神社へ 聖地巡礼してみたいな~ そして あるはずのない信楽食堂・喫茶くろき・・ ポウやたまきに会える そんな予感を抱いて・・・・

2021/02/11

感想・レビューをもっと見る