読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゴーストハント6 海からくるもの (角川文庫)

ゴーストハント6 海からくるもの (角川文庫)

ゴーストハント6 海からくるもの (角川文庫)

作家
小野不由美
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-15
ISBN
9784041108826
amazonで購入する

ゴーストハント6 海からくるもの (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

さくりや

やりすぎじゃね⁉︎ってくらいSPRの面々がピンチに遭いまくる本作。ナルが不在となると滝川がリーダーシップをとるのは、なんか、納得笑。綾子がここに来て本領発揮するのは何なの、これも伏線なの?安原・有能・修くんが安定に有能すぎる。真砂子と麻衣が急激に仲良くなっていくのが嬉しい。ジョンは今回あんまり活躍できなかったね!リンさん強すぎだね!等々。今回はあんまり怖くなかったので、シリーズラストに向けた盛大なパスであることを祈る。なんだかんだでナルの頭脳でストーリーが引き締まっているところ、あるよね〜

2021/06/19

カムイ

今回は神様が恐怖の正体(ハイ、ネタバレです😆🎵🎵)ヨンデミナハレ❗️カムイはゾッとする恐さをしました。妄りに祠に立ち入るのはいけないのだろうと神聖は場所には敬意を祓わないと思うしだいでした。何時も役立たない綾子が本領発揮❗️

2022/03/12

えみ

気づけば全員、満身創痍。シリーズ最大の危機か。所長のナルが不在の中、麻衣たちに襲いかかるのは無数の怨霊!?一族の相次ぐ死は呪いなのか?それとも…。シリーズ6作目の恐怖、ここに降臨。老舗料亭営む吉見家から依頼を受けたサイキックリサーチ一行は思いもよらない強力な怪異を目の当たりにし戸惑いを隠せない。今回ほど皆無力感に打ちひしがれた巻は無かったのでは?そんな中で、役立たずの烙印を押され続けてきた巫女の綾子、最終巻前にして遂にその能力を発揮する!そうか、そうきたか‼やはり彼女は凄い女、いい女だった。最終巻も期待。

2021/06/19

sin

因果の不明な祟りの恐怖!今回、監督途中退場で四苦八苦するチーム渋谷サイキックリサーチだが、いつもは軽妙なやりとりでコメディ担当のような坊さんと、口は達者だが見かけ倒しの巫女さんが、思いもよらぬ活躍を見せる。物語の中で重要度を増してきたあたしの夢のお告げだが、核心をついたように見えて、実はナルとの距離を縮めるような仄めかしに過ぎず、最後まで真相究明の決定打には到らない。そして事態はやがて死霊たちの襲撃へとなだれ込み、一転、プライドを傷つけられたナルの放った必死の一手が幕を引き、彼の秘密の一端が明かされる。

2021/07/05

garakuta@読書とゲームの愛好家

面白かったですよ。

2021/06/27

感想・レビューをもっと見る