読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

砂の家 (角川文庫)

砂の家 (角川文庫)

砂の家 (角川文庫)

作家
堂場瞬一
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-02-25
ISBN
9784041108857
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

砂の家 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

これは刑事ものではなく、ある意味父親とその息子の関係を絡めた物語と言えましょう。解説では松本清張の「砂の器」を引き合いに出されていますがたしかにそのような部分があります。鳴沢了シリーズにも父との葛藤がありますが堂場さんはこのような設定が好きなのでしょうかね。父親が一家心中をしようとしたものの主人公とその弟が生き残り、その後父親が出所して主人公の勤めている会社の問題に巻き込まれていきます。そこに弟や父親が関連します。

2021/03/24

えみ

自分を信用していない男が掴んだ日常は脆く、いとも容易く崩れ去る。それを望んでいたか?それを当たり前のように受け入れていないか?自分の幸せな人生は偽り以外なにものでもない。そう思っているのでは?終始胸焼けするほど悲観的なその感情。不幸からの脱却は哀しきかな、イコール幸福とはならない。しかし、それもこれも彼の過去、家族を知れば誰もが納得してしまうだろう。父親が人殺し。こんな絶望が他にあるだろうか。10歳で不条理な世に放り出された彼を救った“家族”。恩義の果てで歪みだした砂の家はやがて崩壊してしまうのか。絶望。

2021/03/08

坂城 弥生

悪事を許せない潔癖さだけではないのが人間らしかった。

2021/09/16

ぽろん

父親による無理心中から、生き残った息子二人。1人は、必死で他人の白い目からも立ち向かい、まっすぐに生きてきたはずなのに、、、。重い話でした。

2021/04/24

茉莉花

「お父さんが出所されました」健人に、突然弁護士から電話がかかってきた。父は20年前に母と妹を刺し殺して逮捕されていた。健人は叔父と叔母の家に引き取られ、子供のいないため大切に育てられた。弟の正俊まで引き取る余裕がなく、正俊は施設に預けられて育った。そんな正俊は、警察によくお世話になっていて、健人は正俊には父と同じ血が流れているのだと嫌悪していた。そんな時、会社の社長が脅されていることが判明する。社長にお世話になった健人はどうにかしようと考えるが、なんと犯人に知り合いがいた!?健人が取る策とは何か?

2021/09/21

感想・レビューをもっと見る