読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

殺意の設計 (角川文庫)

殺意の設計 (角川文庫)

殺意の設計 (角川文庫)

作家
西村京太郎
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-22
ISBN
9784041108963
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

殺意の設計 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

一式隼

氏の初期長編と言ってよいであろう作品で、登場人物もほぼ最低限、オーソドックスな展開で、振り幅の大きい「どんでん」はないものの、丁寧に展開する印象、語り口は暗めで地味だが、氏の初期作品の代表的な特徴でもある(よね?)。 結末、もう少し短く終わった方がテンポ良くて好印象な気がするが、とにかくミステリの常套手段を押さえた手堅い構成が持ち味か。なかなか良いと思う。 十津川ものは破天荒なのが多いが、初期は手堅い作風だなぁ、と感じることが多い。

2021/06/30

エヌ氏の部屋でノックの音が・・・

令和3年 1月25日 改版初版。。。14冊目なのですでに他文庫で読んでいる。って角川か

2021/02/09

桂 渓位

 犯人がやったことは、許しがたい行為ではありますが、その動機は余りに切なく、人間らしい感情を現していました📕  矢部警部補は、そのまま十津川警部に役柄を移しても話は通りそうです✨  画家の江上風太や、ジャーナリスト風の伊集院晋吉など、味わい深いキャラが多いのも印象的でした✨

2021/10/24

おもたろう

駅のキオスクで買って、新幹線の中で読んだ。テンポよく、読みやすかった。

2021/01/28

感想・レビューをもっと見る