読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆 (角川文庫)

紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆 (角川文庫)

紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆 (角川文庫)

作家
ほしおさなえ
おかざきおか
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-02-25
ISBN
9784041109687
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

紙屋ふじさき記念館 カラーインクと万年筆 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

ほしおさなえさんの作品は、どの作品も温故知新という感じで、温かさを感じる。そして、古き良きものを今の世に、丁寧で優しく甦らせてくれるね。このシリーズも第3弾。水引や万年筆にスポットが当たる。一成と浩介の仲はなんとかならないか。そして、一成と百花はどんどん意見をぶつけながら、和紙の良さを世の中に伝えてほしい。そして、まだ古き良きものが眠ってるだろうから、掘り起こしてほしい。今の自分の中から一生懸命さが少しずつ失っている。だから百花の一生懸命さを見ならいたい。今作も心が温かくなりました。

2021/04/13

KAZOO

今回の目玉は水引です。水引を主人公のおばあさんがつくっているところなどを見てみたい気がします。またカラーインクやガラスのペンの話も楽しめました。わたしも以前結構高そうなガラスペンをもらったことがあるのですが先っぽをぶつけてしまいかけて使え亡くなった覚えがあります。ビジネスマンはあまり使えないですね。いまはゆっくりしたので使用してみようかなあという気になりました。

2021/06/10

のぶ

今回も和紙の温かさに魅了された。本作は水引とガラスペンの魅力をテーマにした作品だった。まず百花が水引の産地、長野県の飯田を訪ねるところから始まる。ここの水引細工は、自分も前から気に入っていたので、とても良かった。いろいろな結び方がある事を知る事ができて蘊蓄が広がった。前作で本美濃和紙を求めて、岐阜県の美濃市を訪れた時のような嬉しさが込み上げてきた。第三話の「カラーインクと万年筆」も自分が子供の頃に使った事のあるガラスペンを想い出させてくれて、ノスタルジーに浸る事ができた。シリーズの次作が楽しみだ。

2021/03/18

ゆみねこ

シリーズ第3弾。お正月の飯田への帰省でおばあちゃんの水引作りに出会えた百花。「結」の心って素敵なことだと感動。てるおばあちゃんが可愛くて最高!カラーインクと万年筆も百花のアイディアが採用され、名前の由来も素敵なものだった。どんどん面白くなるこのシリーズ、次が楽しみです♪

2021/06/08

ぶんこ

もう、このシリーズ大好きです。バイトとかは関係なく夢中になれる仕事って最高。大学生のうちから、こんな楽しい仕事につける百花さん、いいですね。今回も百花さんのアイデアには拍手しかありません。なんでもないようで、とても思いつかない。特にインクの名前!カラーインクが何百色もあってブームになっていたとは知りませんでした。思いもつかない色に、雅な名前とパッケージがあったら眺めているだけで満足しそうです。水引も、思わず結び方を検索してしまいました。このシリーズでは、いつも新たな世界が拡がっていくようで楽しいです。

2021/06/11

感想・レビューをもっと見る