読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

消えない月 (角川文庫)

消えない月 (角川文庫)

消えない月 (角川文庫)

作家
畑野智美
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-02-25
ISBN
9784041109731
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

消えない月 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kei302

もどかしさと執念妄想の異様さ、そして、ラストの衝撃、読み始めたら止まらない、完成度の高い作品です。 シンプルな文体と淡々とした描写で状況が悪い方に進んでいきます。ストーカーは深刻な社会問題です。 松原の一人称語りの章では、さくらが悪いのかと頭が混乱しそうになるが、 「河口さんは、何も悪くありません」と言ってくれた志鷹さんの言葉に勇気づけられた。 帯の「イヤサス」「こんな怖い小説」には異議ありですが、 文庫化してくれた角川文庫には感謝です。小早川明子さんの解説も強く訴えてくるものがある。

2021/03/15

佳蓮★道央民

★★★★★★★七つ星✨いやぁ、めちゃくちゃ松原さんが怖かったです。私も、元カレにモラハラずっと受けていたんだけど、ストーカーまではなっていないから良かったんだけど、松原のモラハラ具合がめっちゃ元彼に似ていて、読んでてスッゴク不快で堪りませんでした。性行為も強制的にさせられるし、何を思ってるのか知らないけど、俺が全部私のことを知ってる的なことを言ってるし本当に松原にソックリで読んでて気持ち悪かったです。けど本当にストーカー規制法ってあるんだなって学べたので良かったです!オススメは出来ないけど面白かったです!

2022/06/02

mirei

ストーカーされる側とストーカーする側からの心理の細やかな移り変わりがゾクゾクとさせられ、先が気になり仕方がなかった。普通に人を好きになっただけなのに。いったいどうすれば正解だったんだろう。考えられる手立てや対策を以ってしてもストーカーからは無事に逃げきれないんだろうか。ほんの少しの隙やストーカーにとっての運によってつけ込まれる怖さがなんとも言えない。

2022/04/05

坂城 弥生

かなり気持ち悪かった…なんだろう、女の子のストーカーは恐怖のが強いのに、男のストーカーは嫌悪のが強い。無能で空っぽの人間ほど会社のせい人のせいにするんだなぁと実感した。 ストーカーされやすい人は『優しい人』だと聞いたことを思い出した。「この人だけは自分を受け入れてくれるに違いない」と執着されやすい、と。

2021/05/13

ピロ麻呂

怖い〜😱幽霊や妖怪より怖い…ストーカー&リベンジポルノのリアルなストーリー👿被害者さくら視点と加害者の松原視点が交互に展開。この松原がとにかく自己中でキモい💦二人は一度付き合うも、松原の激しい束縛、DVでさくらから別れを告げる。でも松原は、さくらが運命の人だ〜会って話せばまた好きになってくれる〜と執拗に付きまとう😱LINEしまくり、待ち伏せ、合鍵で部屋に侵入、裸の写真をネット投稿…実家に逃げても追いかけてくる…怖い💦怖い💦結末が気になり一気読みでした😆

2021/04/17

感想・レビューをもっと見る