読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ミラーワールド

ミラーワールド

ミラーワールド

作家
椰月美智子
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-19
ISBN
9784041109915
amazonで購入する Kindle版を購入する

ミラーワールド / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

椰月さんは油断してると時々ズドンと響く作品を読ませてくれるのでこれも?否、これは・・どうなんだろう。ミラーと言うのだから男女の反転物語なのだが、モヤモヤ違和感があった。池ヶ谷家、中林家、澄田家この3家族の在り様にオイオイって突っ込みながらの読書になり、しまいにはちょっとゲンナリ(汗)どっちが偉いとかどっちが上とか・・なんか変。現実世界では既に実質的に反転を生きている家庭はあるよね。社会的性別を提起したかったのかな?まぁ難しく考えずに読んだが池ヶ谷家の離婚は賛成だった。

2021/08/10

ウッディ

男性と女性の立場や役割が入れ替わったミラーワールド。同じ中学に通う子どもを持つ3人の主夫は、働く妻さんを支え、家事をこなし、子供の世話をする。男子小学生の夢がお婿さんという世界では、女尊男卑の考えが定着し、おばさんによるパワハラ、セクハラが横行する。小説を読みながら、頭の中でどうしても男女を入れ替えて読んでしまう自分がいて、気分は良くなかった。ステレオタイプに描かれた横暴な女性は、どこかにいるかもしれないが、そんな人ばかりではない。性差別の問題を若い世代が正しく認識していることに希望があったが・・。

2021/12/14

美紀ちゃん

男女格差の話。 まったくその通り!と思う部分が多い。 ただ、ここに書かれているのは男女の立場がが逆転した近未来的内容。 家庭内において、男性が感じていることを疑似体験したような気持ちになる。 家事や育児などめんどくさいことは全部女性の仕事。当たり前。 まだまだ、日本は男女平等とは言えないと、この本を読んで強く感じた。

2021/10/14

のぶ

この作品はSFなのだろうか?男と女が完全に入れ替わった世界を描いた物語。今まで映画では「転校生」なんか人の性が入れ替わった話はあったけれど、ここではすべて男女が逆。作中で池ケ谷家、中林家、澄田家の三家族が登場するけれど、ある家は夫が主夫をこなし、またある家は勤務医の妻と中学生の娘と息子のために尽くし、もう一軒は理容室を営みながら、妻と子を支えようと毎日奮闘する。読みなれない環境もあるが、全体が何か不自然だ。男女格差の問題は現実にも定義されているが、ここまで極端だと社会が回らないと思う。面白さも今一つ。

2021/08/02

fwhd8325

男が女がなどという偏見は持っていないつもりですが、あからさまにこのような設定の物語を読むと、不愉快な気持ちにが生まれます。裏を返せば、女性は常にこのような思いを抱えているんだと思うと胸が痛くなります。著者の狙いもそこにあるのだと思います。男たちよ思い知れ!です。

2021/12/28

感想・レビューをもっと見る