読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゆうきまさみのまだまだはてしない物語 (単行本コミックス)

ゆうきまさみのまだまだはてしない物語 (単行本コミックス)

ゆうきまさみのまだまだはてしない物語 (単行本コミックス)

作家
ゆうきまさみ
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-19
ISBN
9784041110379
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ゆうきまさみのまだまだはてしない物語 (単行本コミックス)」のおすすめレビュー

画業40周年を迎えた漫画家・ゆうきまさみ氏の最長寿連載──それは『ゆうきまさみのはてしない物語』!

『ゆうきまさみのまだまだはてしない物語』(ゆうきまさみ/KADOKAWA)

 2020年に画業40周年を迎えた人気漫画家・ゆうきまさみ氏。『究極超人あ~る』や『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』など多くのヒット作を手がけており、現在も『新九郎、奔る!』を連載するなど精力的に活動中だ。ところで、ゆうき氏の数多い連載の中で、最も連載期間の長い作品をご存じだろうか。実は1985年に連載が始まり、現在まで続いているという最長寿の作品が存在するのだ。そのタイトルは『ゆうきまさみのはてしない物語』である。

 本作は「月刊ニュータイプ」に連載されているエッセイで、ゆうき氏の近況などを気ままにショート漫画形式で描いている。これまで『ゆうきまさみのはてしない物語』(1997年)、『ゆうきまさみのもっとはてしない物語』(2008年)とコミック化されてきたが、氏の画業40周年のタイミングで12年ぶりに最新刊となる『ゆうきまさみのまだまだはてしない物語』(ゆうきまさみ/KADOKAWA)が発売された。

 本書は2008年の4月から、2019年の12月までに掲載されたエッセイをフル…

2021/2/9

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ゆうきまさみのまだまだはてしない物語 (単行本コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

12年ぶりとなる『はてしない物語』続刊。2008年から2019年までの連載が収録されている。事象としては『鉄腕バーディー』のアニメ化本格始動から、『新九郎、奔る!』連載開始辺りまで。制作裏話ももちろん面白いのだけど、『SHERLOCK』の話題を端に発し、10回にも渡ってミステリ談義に花が咲くのは、ミステリ好きにはたまんない(その中で、世代によって長編の概念が違うというエピソードが実に興味深いぞ)。また、都の「青少年健全育成条例改正案』反対の意思を示し、(つづく)

2021/02/21

くさてる

「ニュータイプ」連載中の人気コミックエッセイ、12年ぶりの新刊です。表紙の「たわいもない話ではありますが……」というのは確かにそうなのですが、かの「OUT」の頃からのファンとしては、それがひたすら楽しいんですよね。作品数は増えて表現の幅も広がったものの、ゆうき先生は変わらないんだもの。オタクのたわいもない話が、オタクは大好きなんですよ!また次の巻を楽しみに10年待ちます。

2021/01/23

kei-zu

12年ぶりに連載がまとまったエッセイ漫画。 となれば、連載誌の休刊、東日本大震災、都条例の非実在青少年問題と取り上げられるネタは幅広い。「白暮のクロニクル」の連載開始から終了までは、この1冊の期間内なのね。 私自身は、「OUT」連載の頃からの読者。イデオンの主人公がガンダムの登場人物に向けて「そのうちヤマトみたいになっちゃうぞー」と言っていたのも懐かしい(なりました。つーか、超えた)。 息の長い作家ですが、今後も息を長く楽しませていただきたと思っております(^^

2021/04/29

もくもく

月刊ニュータイプ連載:2008年~2019年の12年分が、オールカラーでまとめられた一冊です。一回ごとに半ページですから、一冊になるには時間が必要なんですね~。時々の最新ニュースにも触れてるので、「実物大ガンダム立像(潮風公園のころ)」や、「非実在青少年保護条例」や、いろいろな新連載(&完結)の話題も載ってます。もちろん「東日本大震災」も描かれているんだけど、ちょっと少ない(2011年6月号と7月号だけ)のは、月刊誌だからしかたないのかな? 京極夏彦氏との「漫画家生活30周年記念対談」も興味深かったです。

2021/01/20

ぬこ田ぬこ道

判型を『Newtype』誌掲載サイズに合わせたため、いざ表紙を開こうとした時「あ、あれ?」と思ったのは秘密である。ゆうきまさみ先生画業40年と言うことで、このような特殊な単行本になったのだろう。前巻が出てから12年、先生の日乗で振り返ると、随分いろいろなことがあったのだなあ。と、色々来し方を振り返ってしまう。

2020/12/20

感想・レビューをもっと見る