読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

お江戸ふしぎ噺 あやし (角川ホラー文庫)

お江戸ふしぎ噺 あやし (角川ホラー文庫)

お江戸ふしぎ噺 あやし (角川ホラー文庫)

作家
皇なつき
宮部みゆき
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-02-25
ISBN
9784041110607
amazonで購入する Kindle版を購入する

お江戸ふしぎ噺 あやし (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

高宮朱雀

久々に角川ホラー文庫でコミックの作品登場。 原作を読んだ記憶があるような、無いような曖昧な感じが残ったけど、画で見ると視覚的臨場感が強く伝わって来て、原作を再度読み直したくなった。 宮部さんらしい不思議と温かさに溢れた文体に、皇さんのイラストの妖艶さがマッチして、より作品の世界観が広がっている。

2021/03/01

いく☺︎

原作、たぶん読んでないと思うんだよなー。軽いぞわぞわ感と宮部さんらしい世界観。ホラーは美しさと恐ろしさが同居してると思ってる。こういう系のお江戸もの、もっと読みたくなってきた…!(いま、全く逆方向な海外のぐちゃぐちゃしたやつ読んでるけどな)

2021/03/05

にゃるび

原作は既読。漫画になると、別の違った魅力がある。特に灰神楽は、灰が立ち上る様が文章よりも臨場感があってよかった。かぼちゃの神様も可愛くて良き。

2021/03/21

へへろ~本舗

「蜆塚」のラストのアレンジが良い。「女の首」原作もコミカライズも好き。

2021/03/18

おりひら

以前出ていたコミック版を文庫にしたそうで。久しぶりに読んで面白いなと、皇さんの絵の上手さに魅かれました。その回に登場した人物が次の話しにも出てきたりと言うのに気づいた。そんな中、「時雨鬼」と「蜆塚」に出てきたある女性が似ていて、これはなんか意味があるのか気になった。

2021/03/21

感想・レビューをもっと見る