読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

銀橋 (角川文庫)

銀橋 (角川文庫)

銀橋 (角川文庫)

作家
中山可穂
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-04-23
ISBN
9784041111543
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

銀橋 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エドワード

宝塚物語第三弾。私が初めて宝塚観劇に行く時、当時の職場の宝塚ファンの男性が「オケピットと客席の間のステージを銀橋と言うんですよ。」と教えてくれた。公演でも年配男性2人組が感想を話していた。少女の時に心奪われた宝塚に入った可憐なジェリコ。天性の華と色気を持つレオン。生けるレジェンド、芸歴40年の専科・アモーレ。百戦錬磨の様々な俳優たちの人間模様。退団公演中に倒れるアモーレ、どうするジェンヌ?タカラジェンヌたちは五つの組に分かれていても、全員が仲間という演劇集団。その連帯意識をまざまざと感じさせる物語だ。

2021/12/24

qoop

舞台上と同様、タカラジェンヌの日常生活もファンタジックに書く著者の宝塚シリーズ完結篇。華やかさを基調に伸びて行く想像力は、人間関係の濃淡を含めて舞台裏のドロドロした部分をもドラマティックに描き、宝塚をより宝塚らしく見せる。イメージを損なわず更に増幅させる手法は決して珍しいものではないが、成功していると思われる。近いものをあげればスポ根的な手法か? 虚実の被膜を積極的にぼやかせる「プロレススーパースター列伝」的な系譜(?)に連なるのかも知れない。

2021/08/05

あんこ

前作はファンタジー要素が強めだった(とはいえ宝塚そのものが浮世の夢のような場であり続けていることは間違いない)が、三部作の集大成ともいえる本作は、舞台に魅入られ舞台に取り憑かれた人物たちの生き様が描かれていて熱かった。前作から小説の文字の中からも立ち上るレオン様の色気に充てられていたので、今回晴れてトップにご就任なさったことを嬉しく思っております。

2021/09/21

KUMAPON

宝塚を愛してやまない私だが(だからこそと言うべきか)ヅカオタの脳内妄想を読まされているような羞恥が先に立ってしまい、物語を楽しむことができなかった。ヅカ用語てんこ盛りなのが却って居心地が悪い。解説がきゃびい(早花まこ)様というのも、宝塚ファンとしては喜ぶべきところなのだろうが、妄想日記をその妄想の登場人物に読ませて感想を書かせているようでいたたまれなかった。『男役』『娘役』を読んだのはずいぶん前なので内容は忘れてしまったが、ここまでコテコテじゃなかった気がするのだけれど…。

2021/12/25

みつい

過去2作が面白かったので3作目も楽しみにしていた。 文字通り命を削って煌めくからこそ観客は夢を見ることができるんだよなぁと思った。 駄作続きのところは思わず笑ってしまった。 ジェンヌは作品選べないもんね…

2022/03/30

感想・レビューをもっと見る