読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

かぞえきれない星の、その次の星

かぞえきれない星の、その次の星

かぞえきれない星の、その次の星

作家
重松清
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-09-17
ISBN
9784041111741
amazonで購入する Kindle版を購入する

かぞえきれない星の、その次の星 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

重松 清は、永年に渡って新作をコンスタントに読んでいる作家です。本作は、作家デビュー30周年、純粋な新作の短編集でした。内容は、多少児童向きなのに野生時代に連載していたのは何故でしょうか? オススメは、『コスモス』&『花一輪』&表題作『かぞえきれない星の、その次の星』です。 https://www.kadokawa.co.jp/topics/6410

2021/10/05

いつでも母さん

久しぶりの重松作品。どれも重松さんの世界だった。優しくて・・ただ優しいだけじゃなくて、切なかったり考えさせられたり、やっぱりそこはかとなく哀しく優しい11の物語。キリリと刺さる思いもある。自分はどっちだ?省みるにつけ心当たりもある。人生の折り返しをとうに過ぎ、幸せな思い出も消えることない悲しみも、みんなみんな抱えて生きて行く。『会いたいと思えばーその人の顔を思い浮かべれば、もう、会えているー。』ほら、会いたい人がどんどん増えて・・会いたいよ。

2021/10/13

よつば

11話収録の短編集。優しい筆致で綴られているがテーマは重い。コロナウイルスで静まり返った学校、小児病棟に長く入院している子ども、コロナで離ればなれに暮らし画面ごしでしか会えない親子、人種差別、戦争、いじめ等、悲しみや痛みを伴うこれらの出来事が、時にファンタジーを絡め、時にリアルに描かれている。全編から生き辛さや孤独の感情が伝わって来て、胸がギュッと締め付けられる。それらの負の感情を温かな眼差しで掬い上げ、希望の光が差して来る展開にホッとする。この混沌とした世の中に大切な物は何か、メッセージ性を秘めた一冊。

2021/10/10

ぼっちゃん

11話の短編集。今回は、こいのぼり、焼き物のかえる、桃太郎が主人公の少しファンタジーのものもあったが、表題の「かぞえきれない星の、その次の星」をはじめ、この話でおじさんが拾った星のかけらからつくったお話し(この本に収録)はさみしさはあるが、ほんのり明かりが灯る重松さんらしい作品で良かった。【図書館本】

2021/10/16

tan

久しぶりの重松ワールド全開な作品でした。切なさや悲しさほろ苦さなど何とも言えない感情があふれ出しどの作品も重みがあって心に刺さりました。コロナ禍を舞台に幸せの王子、桃太郎、星の王子さまその他色々な物語をちりばめながらのどれも素敵な作品でした。最後、いじめがテーマでしたが全てを上手く繋げてまとめて重松さんらしい終わり方でしたね。ぜひ子供たちにも読んで欲しいです。

2021/10/18

感想・レビューをもっと見る