読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

怪盗探偵山猫 深紅の虎 (角川文庫)

怪盗探偵山猫 深紅の虎 (角川文庫)

怪盗探偵山猫 深紅の虎 (角川文庫)

作家
神永学
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-15
ISBN
9784041112366
amazonで購入する Kindle版を購入する

怪盗探偵山猫 深紅の虎 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

itico

囮として捕らえられた勝村、絶体絶命の山猫。しかし、何度も危険をかいくぐってきた山猫は、今回も大丈夫だと信じている自分もいる。悪事を暴いて金を奪う、現代の鼠小僧はやはり捕まってほしくない。私にとっては娯楽小説のようなシリーズ。これで完結と言うことで寂しく思ったが、どうやらまた帰ってくるらしい。いつの時代にも悪事を働いて私腹を肥やしている奴はいる。そんな奴らを懲らしめる山猫はヒーローだ。

2022/02/09

坂城 弥生

虎の怨みは、何というか甘えみたいだよね…

2021/11/04

Junichi Yamaguchi

『盗むのはあくまで金?命じゃねぇ。』… シリーズはまだ続くらしい。 主人公の過去が明らかになる今作。 次巻以降の展開に大きな期待が持てる。 もしかしたら次巻が最終巻? 大円団を期待したい。。

2021/08/05

一唯

山猫の過去が明らかになる巻。これで完結するのかと思っていたけどまだ続くようなので次の巻が楽しみです。

2021/08/08

久々の山猫シリーズ。山猫,勝村,さくら,犬井しか覚えておらず、他のキャラや過去の事件とか完全に忘れていたが、そこまで問題なく読めた。山猫の過去が明らかに。因縁の相手との対決の割にはあっさりしてたなという印象。山猫は消え、勝村の共犯もばれてシリーズ完結かと思われたが、まだ続くよう

2021/08/05

感想・レビューをもっと見る