読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫

すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫

すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫

作家
じゅえき太郎
須田 研司
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-14
ISBN
9784041112885
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

「すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫」のおすすめレビュー

夏だ! 昆虫だ! 子どもも大人も楽しく学べる人気シリーズ“すごい虫ずかん”第3弾

『すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫』(じゅえき太郎:作、須田研司:監修/KADOKAWA)

 夏といえば、何だろう。夏祭りに海水浴。すいか割りにかき氷と、夏っぽさを連想すると、キリがないほどさまざまなモノが思い浮かぶだろう。そしてもうひとつ、忘れてはならないことがある。昆虫たちの季節でもあるということだ。

 少年時代に野山をかけ巡り、虫取りを楽しんでいた人たちも多いはず。しかし、大人になると昆虫たちと出くわす機会もなくなってしまう。もう一度、あの頃に戻りたい…。そんなロマンを叶えてくれるのが、絵本『すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫』(じゅえき太郎:作、須田研司:監修/KADOKAWA)だ。

子どもと大人、それぞれの楽しみ方が異なる絵本

 本書は、2019年6月発売の『すごい虫ずかん ぞうきばやしを のぞいたら』や、2020年6月発売の『すごい虫ずかん くさむらの むこうには』に続くシリーズだ。毎回、テーマが異なるのもこのシリーズの特徴だが、今回はサブタイトルのとおり、昼と夜それぞれの虫たちの生態を知ることができる。

 子どもにとっては、虫たちについて…

2021/6/14

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

すごい虫ずかん ひるの虫とよるの虫 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たーちゃん

これは息子気に入ったようです。昼間にいる虫や夜にいる虫、そして水辺にいる虫など様々な虫たちが登場して喜んでいました。

2021/09/04

遠い日

じゅえき太郎さんのイラストの迫力がすごい。夏の虫たちの居場所を虫取り名人の地元の男の子が街から来た男の子に教える生態によって自然と棲み分けが違うので、そこをちゃんと覚えれば会いたい虫にも会えるというわけ。草むら、水辺、林などの場所と、昼か夜かの時間帯、そういうポイントを知ることがだいじ。

2021/07/29

えびー

ぜひ小学生&未就学児に。 虫ってすごい。

2021/09/23

NOYUKI

すごい絵だ!写真ではムリだよね、これ。虫取り網の男の子は、タヌキとかカッパじゃないよね?なんだか不思議な子だ。

2021/11/10

しい

昆虫たくさん

2021/08/14

感想・レビューをもっと見る