読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

拝み屋念珠怪談 緋色の女 (角川ホラー文庫)

拝み屋念珠怪談 緋色の女 (角川ホラー文庫)

拝み屋念珠怪談 緋色の女 (角川ホラー文庫)

作家
郷内心瞳
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-16
ISBN
9784041113189
amazonで購入する Kindle版を購入する

拝み屋念珠怪談 緋色の女 (角川ホラー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みっちゃん

かつての依頼者から渡された12冊ものノート。びっしりと書き込まれていたのは彼女が様々な人から聞き取った怪異の数々。次々と語り手がリレーのように繋がって200もの不気味な話が集まる、これだけでかなり異様なものを感じるが、ラストの話に思わず鳥肌。霊能者の前に現れた明らかに生身ではない少女。この出で立ちには見覚えが…と思ったらやはり。ああ、出てきたか。何故、郷内さんと何の関わりもない人のところに。しかも彼女の亡くなった娘さんの名前が○○○とは。やっぱり、また新たな怪異に巻き込まれてしまってますね、郷内さん…

2021/07/30

眠る山猫屋

え~っ!奥様と一年近く連絡がとれてないっ!?という衝撃の独白から、かつての依頼人から渡された怪談収集ノートへと。依頼人をすっかり忘れちゃってる郷内さん、あんまりだよー。念珠とある通り、体験者から紹介されての怪異譚、これはしばらく続くんだろうな。一時期の究極の悪意みたいな存在は出てこないけど、インパクトのある怪異も多数。最後には“あの子”も姿を現して・・・。いろいろ期待して待てそう。

2021/07/26

高宮朱雀

今回は彼の体験談や第三者からの伝聞ではなく、元依頼者によって収集された怪奇譚の中で特に彼の琴線に刺さった内容を抜粋した一冊。正直、これほど数珠繋ぎに話を聞けるという事自体が奇妙だが…続編が出るとしたら読むのが怖いくらい、また何かしら誘って来る黒い気配を感じている。 また、過去の著書で登場し続けた桐島加奈江の名前がこのタイミングで現れた事も恐ろしい。

2021/07/22

みどり

前巻で手打ちかと思ったら、どんどん深みにはまる感じ。 怪談そのものは「オチ」もなく「解決」もなく、「謎解きすらない」のだけれど、こうして続けて読んでいくと 過去のシリーズをどんどん思い出して、ラストの不穏さがたまらなかった。

2021/07/21

感想・レビューをもっと見る