読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

梟の月 (角川文庫)

梟の月 (角川文庫)

梟の月 (角川文庫)

作家
小松エメル
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-05-21
ISBN
9784041113332
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

梟の月 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sin

人は死の直前に走馬灯の様に己れの一生を思い浮かべると云うが…どうやら彼は何度も何度も同じ体験を繰り返すようだ。失った記憶の性でもあろうか?それとも彼本来の性格なのか、ぐずぐずしたやつだと頭に思い浮かべたとたん「ぐずぐずとはっきりしない自分が…」と云う文章が目に飛び込んできた。ここに描かれた先生と云うやつはぐずぐずと情けない奴で、おまけに妖怪達のお情けにすがって生きている。それは記憶を失って己れが見えないからでは無く自意識過剰で他人を拒絶してきたから…彼は人が存在しない妖怪の世に己れを縛り続けるのだろう。

2021/09/22

kira

初読み作家さん。タイトルと作家さんのお名前が素敵だったからwジャケ買いにも程がある。妖怪の世界に迷い込んだ「私」には過去の記憶がない。危ない目に遭いながらも飄々とのらりくらりとやり過ごし妖怪たちに文字を教える「先生」としてなんとか居場所を得て元の世界に戻ろうとする話…?なのか?主題が掴めなかった…生きたくも行きたくもなさそうな先生ダメ男の匂いプンプンする。寄り添う梟が切なすぎる。最後まで読んでもなんで「3回」それが要るのか分かんなかったな。世界観はいいのにプロットとかが色々惜しい感じでした

2021/09/10

MATSU

なんだか私にはわからないお話でした。

一唯

同じような場面が繰り返され、記憶をなくした主人公が何故妖怪の世界にいるのか声の主は誰なのかがわかっていく。幻想的な物語でした。

2022/01/15

ゆうら

本当のところが掴めそうで掴めない。そんな感じを抱かせる。面白いかと言えば微妙。

2022/12/23

感想・レビューをもっと見る