読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

モンスターと食卓を 3 (角川文庫)

モンスターと食卓を 3 (角川文庫)

モンスターと食卓を 3 (角川文庫)

作家
椹野道流
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-10-21
ISBN
9784041114285
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

モンスターと食卓を 3 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真理そら

有(なお)は過去のトラウマから解放されつつあってそれはいいんだけど、今回はちょっと危ない目にあったね。シリカの謎は少しずつ解けてきてるけど、それをどう解決したらいいのかまだ分からない。が、みかげちゃんが登場したのはシリカにも有にも力強いことかもしれない。「パーティ」で大喜びするシリカみたいな部分をもっといっぱい読みたいなあ。

2021/10/24

はつばあば

お願い、道流さん。沢山の連作があるとは思いますが・・1巻2巻の復習は程々で・・と愚痴をこぼしたくなった途端、ドカーンと進展!。進展なんてものじゃないモンスターが突然出現!いやぁ心臓に悪いですわ。「愛があれば~」なんて世間は言いますが、相当根性の座った愛でなけりゃ。大人しくても有さんは上司や友人に恵まれています。みかげさんもいい同級生です。道流さん、シリカをよろしくお願いいたします。そして4巻5巻とまだまだ続くのでしょう。もう少し分厚い目の本で・・堪能させて下さい(^^♪。地球は広いです。↓

2021/10/22

ぽろん

シリカの中にいたモンスターは、とんでもなく手強い事が判明。それでも寄り添う有とシリカのピアノのひと時が心地よくも切ないなあ。

2021/12/04

シリカの隠されていた能力が有の命を害いそうになって、どこかシリカに対して弱腰気味だった有に一本芯が通ったような気がする。表紙絵とは真逆なような殺伐とした過去がありそうなシリカが、養母天河先生から教えられた「愛」を与えられ与える人になる日が来ると信じて、次巻を待ちたい。

2022/08/08

たんぽぽ

シリーズ3作目。 シリカの暗い過去が徐々に明らかになり、モンスターの正体も見え始める。 無邪気なシリカが人の顔色を気にせず笑える日々がきますように。 有が過ちを含めて自分を受け入れられるようになりまうように。

2021/12/07

感想・レビューをもっと見る