読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

戒名探偵 卒塔婆くん (角川文庫)

戒名探偵 卒塔婆くん (角川文庫)

戒名探偵 卒塔婆くん (角川文庫)

作家
高殿円
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-16
ISBN
9784041115121
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

戒名探偵 卒塔婆くん (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

saga

読み友さんのレビューを見て読んだ。4話で構成された連作短編だが、前半3話は、本作の過半を占める「いまだ冬を見ず」の前振りなのだろう。謎の高校生・外場くんの豊富な知識で安楽椅子探偵の雰囲気を醸し出す。麻布の寺の次男坊・春馬の能天気ぶりが、兄で住職代理の哲彦から虐げられている彼の境遇を軽く読ませてくれた。第4話のペリリュー島で玉砕した日本人の御霊に対する供養の思いに、単なるラノベではないものがあり、感動した。著者の作品は初読みだが、積読本『トッカン』の作者だった。そうだ、『トッカン』を読もう!

2022/01/16

papako

最初はなんだかよくわからないなぁと思いながら読んでいましたが、戦争から戻って一代でのしあがった男の秘密から現地に行ったところはひきこまれました。続編ありかしら。

2022/07/26

坂城 弥生

戒名ってこんなに深い意味が込められている物だったのか…春馬がちょっと五月蠅いけど面白かった。

2022/01/11

はつばあば

読み友さんのレビューと本の題名に魅かれて。この卒塔婆くん、パラオで消えてしまう幽霊の存在だと思ってたのにほんまもんの人間でした(;´∀`)(笑)。妖ものが好きだと実と虚の見分けが難しい。戒名もお墓もそろそろ用意をせねばならない年齢になってきましたが、実際どうなんでしょうね、必要なんでしょうか。うちは娘ばかりだし後継ぎなんてそんな御大層なものはねぇ。それにしても終戦間際時代を高殿さんが書かれるなんて・・驚きでした。戦後70年以上たっているのにまだ帰ってこれない遺骨があるのです。戦争なんてとんでもない事です

2021/09/29

がんも

いやいや、あの戒名のなかにそれほどの情報が隠れていたとは……仏教の蘊蓄満載で面白かったです、最終話では戦争のことについて考えさせられました、続きはあるのかな?外場くんの謎もわからず仕舞いだったし、しかし、お寺の経営も大変だな〜……美味しいお茶と美味しい和菓子を食べたくなる一冊でした。

2021/09/17

感想・レビューをもっと見る