読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いきたくないのに出かけていく (角川文庫)

いきたくないのに出かけていく (角川文庫)

いきたくないのに出かけていく (角川文庫)

作家
角田光代
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-03-23
ISBN
9784041116227
amazonで購入する

ジャンル

いきたくないのに出かけていく (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

角田さんの旅や、ちょっとしたお出かけにも及んでいるエッセイ集。同類の「大好きな町に用がある」を先に読んでいたので、旅行に対してのスタンスはだいたい分かっていたが、それでも読んでいて新鮮で楽しい部分はたくさんあった。若い時に始めて出かけたタイへの貧乏旅行を皮切りに、何となくであったり、仕事で出かけたり、マラソンがあるからと出かけたり、うらやましくもありその行動力に感心する。あとがきにコロナで外出がままならないとあったが、さぞ辛いでしょう。全体を通して旅に対してゆるい哲学を感じた一冊だった。

2022/04/07

おいしゃん

旅は苦手で運動も…と非アクティブ宣言ばかりしている著者だが、ダイビングやマラソン大会、インドの格安旅や毎年恒例のお花見など、もうどこからどう見てもアクティブで豊かな生活であるのがむんむん伝わってくる。

2022/05/04

時代

えらくネガティブなタイトルだが、要は角田光代さんの旅エッセイ集。世界中を旅して食して酒してマラソンしてと、かなりアクティブな旅をしている感じ。イメージ変わりましたよ、いい意味で○

2022/04/04

shun

2022年24冊目。GWの関東帰省の新幹線の中で読み始め、1日で読了。旅本の読了スピードは本当に速い。寂しさが込み上げるほど速い。印象に残ったのは、P71の「未知の土地を、小説を手に旅するのもいいけれど、かつて旅した場所を、読むことでさらに濃く旅するのもおもしろい」、そしてP186まるまる1ページ、そして『たましいマジック』。あー海外旅行行きたい。

2022/05/02

coldsurgeon

旅のエッセイは好きである。知っている処、知らない処、それぞれの地に、作者がどんな印象を記すのか、自分とはどのように違うのか、を知りたいと思う。そして「いきたくないのに出かけていく」という感覚は、時として感じることであるので、時々うなずきながら読んだ。コロナ禍の前に、こんなに自由な旅があったのだと気づかされた。この作者は、感染回避行動をとりながら、今後、どのような旅をするのだろうか。

2022/04/15

感想・レビューをもっと見る