読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コミュ障探偵の地味すぎる事件簿 (角川文庫)

コミュ障探偵の地味すぎる事件簿 (角川文庫)

コミュ障探偵の地味すぎる事件簿 (角川文庫)

作家
似鳥鶏
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-12-21
ISBN
9784041116289
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

コミュ障探偵の地味すぎる事件簿 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

お気に入り著者の文庫化。とある大学の法学部に入学した他社とのコミュニケーションが苦手な主人公が学内で起きる日常の謎から犯罪まで鋭い推理で解き明かす連作短編集。この主人公が登場時はとにかく暗くてウジウジしてるので読んでてツラい。でも慣れてしまうと、あら不思議と楽しい読み物に。第1章は忘れ物の傘は誰のもの?だったから日常の謎かと思いきや、どんどん悪質になるのは驚き。なんだかんだ主人公にも友人ができて良かったのと、思うほど人は他人の事を気にして無いということかな。あと著者は教育学部卒なのは意外。満足できる一冊。

2022/01/03

えみ

コミュ障のあれこれに心当たりあり過ぎて「これ私がモデルか?」と訝しんだほど。人と上手くコミュニケーションは取れないが、探偵としての才能は人一倍備わっている男子大学生・藤村京。彼が日常生活で巻き込まれる些細な事件を解決していく青春ミステリ。5篇収録の連作短編集で、様々な場面でコミュ障である不便さが詳細に描かれている。多かれ少なかれ誰でも当てはまるような症状は、日常のポップな謎とコラボして深刻にならずクスッと笑える。理解ある友人がいれば何も怖くない。コミュ障だって主張を持って生きている!!コミュ障探偵大活躍!

2021/12/30

大阪魂

またまた似鳥さんに面白い本読ませてもろたー!国立大学法学部一回生の藤村京くん=自称「コミュ障」が主人公の日常の謎系ミステリー5話の連作短編集!人からどう見られるかむっちゃ気になりすぎて、人とよーしゃべられへん藤村くんなんやけど、これ普通にあるあるやんねー!新クラスの自己紹介んときなんか、みんなしゃべりの天才やん!っておもてたもん!そんな藤村くんが天才女子・加越さん、社交的な里中くん、空手女子・皆木さんと一緒にいろんな事件を解決!途中あまりのうじうじぶりにイラッてしたりしたけど最後はすっきり!ぜひ続編希望!

2022/10/23

よっち

入学早々友達づくりに乗り遅れていたことに気づいて愕然とする房総大学の新入生・藤村京。教室に残された高級な傘に気づき、その持ち主を推理し始めるコミュ障探偵ミステリ。傘を忘れた人は誰か、服屋で消えた同級生の謎、カラオケで酒を飲ませた犯人、祭りの中での盗難事件、元喫煙室で起きた冤罪事件の真相。いろいろ考え過ぎて話せなくなる、動けなくなってしまう藤村だからこそ、その推理力には眼を見張るものがあって、少しずつ増えてゆくかけがえのない友人たちを助けるため、遭遇した謎を推理してゆく彼のありようはとても好ましかったです。

2021/12/21

るぴん

主人公のコミュ障大学生・藤村くんの、独白というより被害妄想に近い心の内が最初はくどく感じたけれど、読み進めるうちにあまり気にならなくなった。最初の2話は確かに地味すぎる事件だけど、3話目、4話目は全然地味じゃないし、立派な犯罪よ、これは。確かにコミュ障だけど、藤村くんはいい友人達に囲まれて、なんだかんだで楽しい大学生活を送れそうだ。

2022/02/14

感想・レビューをもっと見る